文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 社会基盤 > 河川・砂防・水資源 > 水防 > 想定最大規模降雨における石手川の浸水想定区域図等について、国管理区間と県管理区間の合成版を作成しました

ここから本文です。

更新日:2017年4月12日

想定最大規模降雨における石手川の浸水想定区域図等について、国管理区間と県管理区間の合成版を作成しました

国管理区間と県管理区間の合成版を作成しました

 

石手川浸水想定区域図合成版(想定最大規模)

近年、時間雨量50mmを超える短時間強雨や総雨量が数百mmから千mmを超えるような大雨が発生し、全国各地で毎年のように災害が発生しており、今後も大雨の頻発化、局地化、激甚化に伴う災害の発生が懸念されています。

このような背景から、平成27年に「水防法」の一部が改正され、洪水予報河川及び水位周知河川では、これまで公表してきました150年に1度の確率で発生する降雨に伴う浸水想定区域に加え、新たに想定最大規模の降雨を対象とした浸水想定区域の指定などが義務づけられました。

これまでに国土交通省松山河川国道事務所においては、重信川及び石手川(国管理区間)、愛媛県においては、金生川、関川、国領川、加茂川、蒼社川、中山川、石手川(県管理区間)、千丈川、肱川(県管理区間)及び須賀川の浸水想定区域図等を作成し公表してきました。

しかし石手川においては、国と県それぞれの管理区間から氾濫した洪水による浸水想定区域図をそれぞれ公表してきたため、一目で石手川全体の浸水想定区域を見ることが難しい状況となっています。

そこでこの度、住民の皆様の参考にしていただくため、一目でわかるよう国と県がそれぞれ公表してきました石手川の浸水想定区域図の合成版を作成しましたので公表します。

【参考資料】合成版作成の概要(PDF:459KB)

参考公表する石手川(国管理区間と県管理区間の合成版)の浸水想定区域図等

参考公表する合成版の浸水想定区域図等は、洪水浸水想定区域図一覧のページをご覧ください。

  • 想定最大規模降雨により想定される浸水想定区域及び水深
  • 想定最大規模降雨により想定される浸水継続時間
  • 想定最大規模降雨により想定される家屋倒壊等氾濫想定区域
  • 計画規模降雨により想定される浸水想定区域及び水深

お問い合わせ先

愛媛県

土木部河川港湾局河川課 TEL089-941-2111(代表)、089-912-2670(直通)

主幹 高石盛大(内線4332)(主たるお問い合わせ先

防災係長 三宅祥智(内線4338)

国土交通省

四国地方整備局松山河川国道事務所 TEL089-972-0034(代表)、089-972-0612(直通)

副所長(河川) 松下越夫(内線204)

調査第一課長 山崎元司(内線351)(主たるお問い合わせ先


お知らせ

  • 現在はありません。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木部河川課 防災係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2672

ファックス番号:089-948-1475

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ