close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 社会基盤 > 河川・砂防・水資源 > 水資源・水循環施策 > ~本県の水資源施策の方向~

ここから本文です。

更新日:2014年8月1日

~本県の水資源施策の方向~

第25回水とのふれあいフォトコンテスト水と戯れる

 

 1.現状と課題

 本県は山が急しゅんで平野部が少ないという地形的要因に加え、瀬戸内式気候による少雨の影響から、慢性的な水不足に悩まされてきました。 

 このため、恒常的な水の確保に向けて、県では、これまで多目的ダムを中心とした水資源開発を行ってきましたが、ダム建設の適地が減少していることに加え、環境問題や財政状況などから、新たなダム建設を巡る状況は大変厳しくなっています。

 一方、上水道を中心とする水需要は、人口減少や節水への県民意識の高まりを受け、近年は低下傾向にありますが、将来にわたり水を安心して利用できる暮らしを確保するめには、水源の保全、既存の水資源の有効活用、節水型社会の形成などを総合的に行うことが、求められています。 

 2.取組みの方向

 地域の水需要に対し安定した供給を図るため、県として以下の取組みを進め、総合的な水資源管理を進めていきます。

  • 水の健全な循環を維持するため、水源地域の森林整備や農地の保全を推進し、森林や農地が持つ水源かん養機能を保全する取組みを進めます。
  • 堆砂などにより利水容量が低下しているダムなどのしゅんせつ、堤体の改修などにより既存水源の機能維持に努めるとともに、導水管や用水路等の漏水対策など、既存施設の維持管理・保全対策を行い、既存水資源の有効活用の取組みを進めます。
  • 県民一人ひとりが「水の大切さ」を理解し、考え行動していただくことが重要であることから、水の重要性はもとより、県内の水事情水を賢く使う方法など、様々な情報をホームページなどで発信し、水の効率的な利用に努める節水型社会づくりの推進を図ります。

 

お問い合わせ

土木部河川課 水資源・ダム政策グループ

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2680

ファックス番号:089-948-1475

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ