close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 社会基盤 > 河川・砂防・水資源 > 水資源・水循環施策 > ~愛媛の水事情~ 1.地勢と気候

ここから本文です。

更新日:2016年11月29日

~愛媛の水事情~ 1.地勢と気候

石鎚山

(1)地勢

四国山地西部にあたる県域の南側には近畿以西の西日本最高峰である石鎚山(標高1982メートル)をはじめ、標高の高い山々が連なる四国山地が、人口の集中している平野部のすぐ背後に迫っています。このため県内のほとんどの河川は、延長が短く勾配が急であり、降った雨は短時間で海へと流出してしまいます。

愛媛の地形図

 

以下のグラフをみればいかにわが国の河川が急流であるかがわかります。なかでも、本県の河川は、地域の中心部を流れる重信川であっても全国的には延長が短く勾配が急です。このことは一度に多量の雨が降ると洪水の危険性が高くなる一方、河川での貯留機能が小さいことを示しています。

河川勾配

(2)気候

本県の東予・中予地方の瀬戸内側は、瀬戸内式気候に属し、太平洋側に比べ降水量が少なく、温暖少雨な地域で年間降水量が1,200mmから1,400mmと全国平均の1,690mmを下回る状況にあります。南予地方の宇和海側は、瀬戸内側と比べると降水量は多く、四国山地ではさらに多くなっています。

四国降水分布

愛媛県内の主な観測地点における年平均降水量(気象庁資料より:昭和58年から平成22年平均)
地域 地点名 年平均降水量(mm)
瀬戸内沿岸部 四国中央 1,322.5
新居浜 1,305.3
西条 1,392.7
今治 1,219.9
大三島 1,123.2
玉川 1,448.6
松山 1,314.9
松山南吉田(H15~22平均) 1,210.3
長浜 1,371.0
宇和海沿岸部 瀬戸(H9~H22平均) 1,512.1
八幡浜 1,533.9
宇和 1,899.0
宇和島 1,648.5
御荘 1,902.5
四国山地 富郷 1,963.4
成就社 2,689.1
久万 1,896.4
全国平均(※) 1,690.0

(※)全国平均は昭和56年から平成22年の全国約1,300地点の資料をもとに国土交通省水資源部で算出 

 

以下の地図から四国山地での降水量は多いものの、例えば、降水量2,000mm以上の地域の多くは、分水嶺(雨水が異なる水系に分かれる境界)の外側(愛媛県の外側)にあり、降った雨のほとんどが、県外の吉野川や仁淀川、四万十川などの河川に流れ込んでいるのがわかります。

分水嶺

 

このように本県では、河川延長が短く勾配が急であるという地形特性や降水量が少ないという気候特性にくわえ、降水量の多い地域も分水嶺の県外側にあることなどから、昔から水資源の確保に苦労してきた歴史があります。

お問い合わせ

土木部河川課 水資源・ダム政策グループ

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2680

ファックス番号:089-948-1475

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ