close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 社会基盤 > 河川・砂防・水資源 > 水資源・水循環施策 > ~愛媛の水事情~ 5.(参考)地球の水

ここから本文です。

更新日:2021年3月31日

~愛媛の水事情~ 5.(参考)地球の水

第24回水とのふれあいフォトコンテスト

(1)水の循環

 地球上の水は、あらゆるところから蒸発して雲となり、雨や雪となって再び地上に降り注ぎ、川となり一部は地下水となってやがて海へ戻っていきます。太古の昔から変わることなく繰り返されてる大きな循環の中で、私たちは「水の恵み」を受けているのです。しかし、この大切な水も決して豊富ではなく、限りある資源なのです。

 水の循環図

 

(2)地球の水資源

 地球上の水のほとんどは海水であり、淡水はわずか約2.5パーセントに過ぎません。この淡水も大半が南極・北極地域の氷河などとして存在しており、地下水、河川、湖沼の水などとして存在する淡水は、約0.8パーセントしかありません。さらにこの約0.8パーセントの水のほとんどが地下水として存在しており、河川や湖沼などの水として存在する淡水の量は、わずか約0.01パーセントしかありません。

 地球上の水の量

(3)世界の降水量等

 私達の住んでいる日本は、年平均降水量は1,690mm(昭和56年から平成22年の全国約1,300地点の資料をもとに国土交通省水資源部で算出)で、世界の年平均降水量約810mm(国連食糧農業機関の資料をもとに国土交通省水資源部で算出)の約2倍と恵まれていますが、一方では、これに国土面積を乗じ全人口で除した「一人当たりの年降水総量」は世界平均の約3分の1の5,000立方メートル/人に留まっており、決して豊富とは言えません。また、降雨は、梅雨・台風など限られた季節に集中し、短期間のうちに海へ流出してしまいます。

世界の降水量等

お問い合わせ

土木部河川課 水資源・ダム政策グループ

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2680

ファックス番号:089-948-1475

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ