close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2021年1月15日

土地収用制度とは

道路の建設や河川の改修など、公共の利益を増進する事業を行うためには、新たに土地等を取得する必要が生じることがあります。

通常、これらの財産を取得する場合には、その所有者等と話合いを重ね、任意に協議が成立した結果、契約を結ぶことになりますが、価格条件が折り合わないなどの理由により契約を結ぶことができなければ、必要な土地等を取得することができず、ひいては事業を実施することができないという結果を招いてしまいます。

そこで、公共の利益の増進を実現するため、そういった状況であっても財産の取得を可能にする制度が必要となります。その仕組みが土地収用制度です。

この制度は、日本国憲法第29条において、私有財産権を保障する一方で、「私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用ひることができる。」と定めていることに根ざしており、土地収用法にその手続・要件・効果についての定めがあります。

次は「収用の手続」です。

目次

次へ(収用の手続き)>>

お問い合わせ

土木部用地課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2660

ファックス番号:089-912-2659

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ