close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2019年12月12日

令和元年度土木事業現場見学会

令和元年度「土木の日」における『土木事業現場見学会』について

えひめの土木体感プログラム

 

はじめに

土木学会、国及び地方公共団体等においては、11月18日の「土木の日」に始まる「くらしと土木の週間」を中心に各種行事を実施することとしており、本県においてもその一環として、土木事業の現場見学会を実施しています。

令和元年度も地域に密着した社会資本整備を体験してもらうため、県内の各地方局で代表的な現場の近隣の小学校や高校の授業に組み込んでいただき、測量等の体験学習を盛り込んだ参加型の見学会「えひめの土木体感プログラム」を下記のとおり実施しました。

 

実施概要 (詳細内容については、各管内名をクリックしてください。)

管内名

開催日

見学箇所

学校及び参加人数

東予

東予今治

11月26日
(火曜日)

新居浜市横水町
(都)西町中村線 JR委託工事現場

新居浜市立中萩小学校

164名

11月18日
(月曜日)

越智郡上島町生名
(一)岩城弓削線 岩城橋建設工事現場

上島町立弓削小学校

16名

中予

中予

11月18日
(月曜日)

松山市庄
(二)小久保川水系(砂)庄2号谷 災害関連緊急砂防工事現場

松山市立正岡小学校

30名

南予

南予大洲

11月18日

(月曜日)

宇和島市津島町岩松
(一)嵐田之浜岩松線 道路改築工事現場

宇和島市立岩松小学校
35名

11月21日
(木曜日)

大洲市肱川町山鳥坂
(主)小田河辺大洲線 鹿野川トンネル建設工事現場

大洲市立肱川小学校
15名

合計 5箇所 小学生 260名

どうして11月18日が「土木の日」なのですか?

理由の一つは、「土」を分解すると「十」と「一」になり、同様に「木」を分けると、「十」と「八」、すなわち十一月十八日になること。その二は、土木学会等の先祖にあたる工学会(現在の日本工学会)の誕生日が、明治12年11月18日であること。その三は、土木学会の誕生日、すなわち、土木学会が日本工学会から独立した日が大正3年11月24日であること。

これらの理由により、11月18日を「土木の日」に、そして11月18日から24日にかけての一週間を「くらしと土木の週間」として様々な試みを行っています。

 

土木事業現場見学会のページへ

えひめの土木トップページ

お問い合わせ

土木部技術企画室 企画調整グループ

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2646

ファックス番号:089-912-2653

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ