close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 社会基盤 > 建設業 > 建設業の魅力発信 > 令和元年度「建設業の魅力体験イベント」を開催しました!

ここから本文です。

更新日:2021年3月30日

令和元年度「建設業の魅力体験イベント」を開催しました!

写真1愛媛県では、将来の建設業界の担い手となる中学生やその保護者の方などに、建設業の役割や魅力、仕事内容を理解してもらうことを目的とした「建設業の魅力体験イベント」(建設産業担い手確保推進事業)を、平成27年度から愛媛県建設産業団体連合会と共同で開催しています。

4回目の開催となる今回は、東・中・南予の各会場で計81名の方に参加いただき、建設機械の操作体験工事現場見学を通して、地域の安全・安心を支える建設業の役割を学ぶとともに、その魅力を体験していただきました。

参加した方々からは「とても楽しかった。」「進路を考えるのにとても参考になった。」「「とても貴重な体験ができた。」「来年も続けてほしい」などの感想を多くいただきました。

 

☆★詳細はこちらをチェック!(PDF:2,150KB)★☆

 

 

開催状況

東・中・南予の3会場で次のとおりイベントを開催しました!

会場

開催日

会場高校

見学工事現場

見学現場請負業者

イベント協力業者

参加人数

中予会場

令和元年8月6日(火曜)

伊予農業高校

(伊予市)

松山市 道路整備工事 

(株)愛亀

(株)DAD

渡邊建設(株)

40名

東予会場

令和元年8月8日(木曜)

西条農業高校

(西条市)

西条市 道路改築工事

(株)越智工務店

高橋建設工業(株)

(株)寺田組

(株)久門組

26名

南予会場

令和元年8月9日(金曜)

吉田高校

(宇和島市)

宇和島市 橋りょう工事

一若建設(株)

(有)伊藤建設

(有)竹田建設

山下建設(株)

15名

建設機械の操作体験

各高校のグラウンドでは、資格を持ったオペレーターの指導を受けながら、バックホウやユンボと呼ばれる掘削機械を実際に操作しました。

また、会場高校の御協力により、校内見学もさせていただきました。

 

写真2

写真3

建設機械の操作体験

校内見学(カンナ削りを体験!)

 

工事現場見学

普段は立ち入り禁止となっている工事現場で、工事を行っている建設業者の方の説明を受けながら、道路整備工事や橋りょう工事を間近で見学しました!

 

写真4

写真5

写真6

写真7

 

 

参加者の感想(一部を掲載)

児童・生徒

  • 改めて建設業について知れたので、将来のために役立ちました。
  • 建設機械の操作体験など、あまり経験することのできないことができ、とてもいい経験ができたと思います。進路選択も少し考えようと思いました。
  • 建設機械の操作体験が楽しかったです。また来ようと思いました。

保護者

  • 実際の現場を見学することができたのは、とても貴重な体験でした。今後、橋脚や見学した現場を目にするたびに、今日のことが思い出されると思います。子どもの将来への幅が広がりました。
  • 進路を考えるのに、とても参考になりました。子どもがどの分野に興味があるのか、分かった気がします。
  • とてもいいイベントだと思いました。知らなかった世界を知るチャンスはなかなかないので、こういう取組みはすごくありがたいです。
  • 安全面など、とても考えてくださって感心するばかりのイベントでした。建設業に携わることは、子どもにとっても進路決定の一つに挙げてもよいと考えます。一つ一つ資格を取得して、何か誰かの役に立てる人になってもらえるよう、一つの機会を与えてくださったことに感謝します。

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木部土木管理課 契約・建設業グループ

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2643

ファックス番号:089-912-2639

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ