文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 入札 > 入札制度 > 建設工事等の低入札価格調査基準価格及び最低制限価格の見直しについて(平成29年4月1日施行)

ここから本文です。

更新日:2017年3月29日

建設工事等の低入札価格調査基準価格及び最低制限価格の見直しについて(平成29年4月1日施行)

 県の発注する建設工事及び建設工事に関する調査、測量及び設計業務(以下「業務委託」という。)において、ダンピング対策のため、中央公契連モデルの改正に伴い、調査基準価格及び最低制限価格の算定方法を次のとおり改正することとし、平成29年4月1日以降に入札公告又は指名通知を行う案件から適用することとしたので、お知らせします。

建設工事の入札における調査基準価格及び最低制限価格の見直し

 

建設工事(調査基準価格及び最低制限価格共通)

区分

現行

改正後

上限・下限

土木工事

(直接工事費×0.95+共通仮設費×0.9+現場管理費×0.9+一般管理費×0.55)×1.08

(直接工事費×0.97+共通仮設費×0.9+現場管理費×0.9+一般管理費×0.55)×1.08

調査基準価格は予定価格の7/10が下限(上限なし)

最低制限価格は予定価格の8/10が下限(上限なし)
建築工事 {直接工事費×0.9×0.95+共通仮設費×0.9+(直接工事費×0.1+現場管理費)×0.9+一般管理費×0.55}×1.08 {直接工事費×0.9×0.97+共通仮設費×0.9+(直接工事費×0.1+現場管理費)×0.9+一般管理費×0.55}×1.08

※低入札価格調査制度及び最低制限価格制度を全部局で実施

※低入札価格調査制度において適用する失格判断基準については従来どおり

※工場製作を含む工事に係る調査基準価格及び最低制限価格の見直しについてはこちら(新旧対照表:調査基準価格又は最低制限価格(工場製作を含むもの)(PDF:52KB)

業務委託の入札における調査基準価格の見直し

業務委託の調査基準価格

区分 現行 改正後 上限・下限
以下の合計に1.08を乗じた額 以下の合計に1.08を乗じた額
測量業務

直接測量費 ×1.00

測量調査費 ×1.00

諸経費 ×0.35

直接測量費 ×1.00

測量調査費 ×1.00

諸経費 ×0.38

予定価格の6/10~8/10

建築関係コンサルタント

直接人件費 ×1.00

特別経費 ×1.00

技術料等経費×0.50

諸経費 ×0.50

直接人件費 ×1.00

特別経費 ×1.00

技術料等経費×0.50

諸経費 ×0.50

予定価格の6/10~8/10

(今回改正なし)

土木関係コンサルタント

直接人件費 ×1.00

直接経費 ×1.00

その他原価 ×0.70

一般管理費等×0.40

直接人件費 ×1.00

直接経費 ×1.00

その他原価 ×0.70

一般管理費等×0.43

予定価格の6/10~8/10

地質調査業務

直接調査費 ×1.00

間接調査費 ×1.00

解析等調査業務費×0.75

諸経費 ×0.35

直接調査費 ×1.00

間接調査費 ×1.00

解析等調査業務費×0.75

諸経費 ×0.35

予定価格の2/3~8.5/10

(今回改正なし)

 

補償関係コンサルタント

直接人件費 ×1.00

直接経費 ×1.00

その他原価 ×0.70

一般管理費等×0.40

直接人件費 ×1.00

直接経費 ×1.00

その他原価 ×0.70

一般管理費等×0.40

 

予定価格の6/10~8/10

(今回改正なし)

 

 ※低入札価格調査制度を土木部で試行

 

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木部土木管理課 契約係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2643

ファックス番号:089-912-2639

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ