文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 入札 > 入札制度 > 県発注工事の入札不調対策に係る特例措置の継続について

ここから本文です。

更新日:2019年2月15日

県発注工事の入札不調対策に係る特例措置の継続について

本県では、技術者不足等による入札不調対策として実施している入札契約制度の特例的緩和措置を来年度においても継続して適用することとしましたので、お知らせします。

特例措置の概要

1 主任技術者の専任要件の緩和【継続】

 (ただし、兼任を認めない工事があるので、入札公告には十分注意すること。また、本県工事以外の工事との兼任は当該発注機関の承諾がある場合に限る。)

  • 工事現場相互の間隔が10km以内の工事2件について兼任可

 兼務の手続きについて

  • 本県発注の工事で、専任要件の緩和を利用して主任技術者を兼任する予定がある場合は、入札公告等に従い、入札を行うまでに、現在、主任技術者として従事している工事の発注者から承諾を得ておくこと。なお、本県工事以外の発注者から承諾を得る場合は、当該発注機関の指示に従うこと。

2 現場代理人の設置に係る取扱いの緩和【継続】

(ただし、本件工事以外の工事との兼任は、当該発注機関の承諾がある場合に限る。)

兼任要件の緩和

  • 設計金額の上限
    • 3,500万円(建築一式工事7,000万円)未満
  • 兼任できる件数
    • 現場代理人1人に対して3件以内(ただし、県工事以外の工事と兼任する場合は2件まで)
  • 現場間の距離要件
    • 30分以内又は同一建設部・土木事務所管内

 主任技術者の兼任が認められた工事の現場代理人の兼任承認

  • 建設業法施行令第27条第2項の規定により主任技術者の兼任が認められた工事は、2件(現場間距離10km以内)まで兼任を認める。

 現場代理人変更時の雇用要件の緩和

  • 変更日の前日以前に直接的雇用関係があること。

 兼務の手続きについて

  • 本県工事以外との工事の兼任する場合の手続きについては、当該発注機関の指示に従うこと。

3 入札者数の取扱いの緩和【継続】

  • 全ての入札において、入札者が1者の場合でも入札を有効とする。

4 相指名業者への下請制限について【継続】

  • 指名競争入札において、工事請負契約書特約第3条第2項に基づき、受注者からの申請により承認する。

5 配置予定技術者の入札参加要件の緩和【継続】

  • C等級対象工事(土木・建築設計金額3,000万円未満、その他設計金額1,500万円未満)については、入札参加要件として配置予定技術者の従事経験は求めないこととする。


参考(建設業団体向け通知文)

今回の特例措置に関する通知文

県発注工事の入札不調対策に係る特例措置の継続について(31年2月13日付け 30土第807号)(PDF:82KB)

これまでの特例措置に関する通知文

県発注工事の入札不調対策に係る特例措置の継続について(29年3月27日付け 28土第900号)(PDF:152KB)
県発注工事の入札不調対策に係る特例措置の継続について(28年2月17日付け 27土第837号)(PDF:150KB)
平成26年度2月補正予算に係る県発注工事等の入札・契約制度の特例措置について(27年2月13日付け 26土第814号)(PDF:152KB)
平成25年度2月補正予算の執行に係る入札・契約制度の特例措置について(26年2月19日付け 25土第847号)(PDF:184KB)
平成24年度2月補正予算の執行に係る入札・契約制度の特例措置について(25年3月1日付け 24土第810号)(PDF:83KB)

 

実勢価格を反映した積算

  • 新労務単価の引き上げ(工事及び業務委託)
    • 設計労務単価及び技術者単価の新単価を29年3月から適用
  • 新労務単価の遡及適用(工事及び業務委託)
    29年3月以降に契約した工事で、旧労務単価により積算している工事について、受注者は新労務単価及び当初契約時点の物価による請負代金額の変更を請求できることとする。
  • インフレスライド条項の適用(工事)
    賃金水準等の上昇により請負代金額が著しく不適当となったときは、受注者は請負代金額の変更を請求できることとする。(受注者からの請求後、発注者と受注者とが定める基準日以降に残工期が2か月以上ある工事)

参考

インフレスライド条項の運用について
インフレスライド条項運用マニュアル(暫定版)について

建設業団体向け通知文
平成29年3月から適用する公共工事設計労務単価及び設計業務委託等技術者単価の適用に係る特例措置等について(29年2月21日付け 28土第798号)(PDF:48KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木部土木管理課 契約係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2643

ファックス番号:089-912-2639

土木部土木管理課 建設業係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2644

ファックス番号:089-912-2639

土木部技術企画室 技術管理係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2648

ファックス番号:089-912-2653

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ