文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 知事 > ようこそ!愛媛県知事室へ > 知事記者会見録 > 知事記者会見録(平成23年度) > 県内に水揚げされる戻りカツオの放射性物質の検査に関する記者発表の要旨について

ここから本文です。

更新日:2013年1月15日

県内に水揚げされる戻りカツオの放射性物質の検査に関する記者発表の要旨について

日時 平成23年8月24日 11時から

場所 知事会議室

 

(知事)
県内に水揚げされる戻りカツオの放射性物質の検査についてでございますけれども、福島第一原発事故の影響による水産物の風評被害が懸念されている中、愛南漁協の深浦地方卸売市場では、福島沖を回遊した後、9月中旬から11月下旬に、高知沖から宮崎沖で漁獲される戻りカツオが水揚げされますことから、県においては、戻りカツオの安全性を確認するため、9月から定期的に放射性物質の検査を行うこととしましたので、お知らせをさせていただきます。
今回の検査に当たり、県では水産局内に水産物放射性物質検査対策班を設置しまして、9月上旬から11月にかけては月2回、12月から3月は月1回の頻度で、簡易放射線測定器、これは簡易スペクトロメーターといいますけれども、これによる検査を行いまして、迅速に放射線量を確認することとしており、仮に(放射性物質が)検出された場合には、愛媛県の原子力センターでゲルマニウム半導体検出器による確定検査を実施し、その結果をホームページに公表することとしています。
詳細につきましては、この後、担当部局から説明させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 

(テレビ愛媛)
そのほかの農産物、水産物については、どのように考えているか。

 

(知事)
今のところは考えていません。今回は戻りカツオという季節ものですから、高知県も実施していますので、それと併せて、両方で連携できるのではないかと思っています。

お問い合わせ

農林水産部水産課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2615

ファックス番号:089-947-3032

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ