文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 仕事・産業・観光 > 林業 > 森林整備 > 木製ダムの検証結果に関する記者発表の要旨について

ここから本文です。

更新日:2019年3月25日

木製ダムの検証結果に関する記者発表の要旨について

日時 平成31年3月22日(金曜日)11時39分~11時45分

場所 知事会議室

 

(知事)

 県では、平成27年度から木製ダムに関する検証を進めてきました。このたび、その結果を報告書として取りまとめましたので発表させていただきたいと思います。お手元にも配布させていただきます。

 この検証は、平成26年の8月に発生しました広島の豪雨災害、あの土砂崩れが多数発生した土砂災害を契機としています。その時にですね、土石流というのは、本当に上の方から発生して、雪だるまのように最初の小さな流れが周辺を巻き込んで大きくなって、大変な被害をもたらすという、そんなニュースが流れておりましたので、じゃあ元の一番上の方で、何らかの措置をすることによって、土石流というのは、何もしないよりはある程度抑えられる可能性があるのではないかというのが、そもそもの発想でありました。

 そういう意味で、愛媛県は木材が豊富ですから、こういったものも活用して、上の方に小型の木製ダムを設置すれば良いのかなあという発想から始まったんですけれども、そうは言っても、技術的な検証なくしては、これは無駄になってしまいますから、そういった意味で行ってきた経緯があります。

 検証結果の概要を申し上げますと、まず一つ、木製ダムは小規模なため、効果は、これができたら絶対(土石流が起こらない)ということではないと、限定的ではありますものの、間伐等の森林整備と組み合わせて実施することで、その有効性は高めることができるという報告書になっています。

 二つ目は、流域全体の安全性を確保するためには、まず最上流域の「0次谷」(ぜろじだに)に設置する木製ダム。次に、上・中流域に設置する治山ダム。その次に、下流域に設置する砂防えん堤。これらを効果的に配置して面的に整備することが重要であるという報告書でございます。

 三つ目に、木製ダムの効果を発現できる場所として、専門家の方にも分析をしていただきました。まず、コンクリートの打設が困難な渓流。ここには木製ダムは非常に効果的であると。次に、土砂の流出抑制や早期の植生回復が可能な小規模渓流。ここも効果的であると。三つ目は、森林整備と併せて、面的な整備が可能な場所、この三つを満たした箇所が、木製ダムに適しているところであるという報告書をいただいています。

 また、報告書では、0次谷に設置する場合の木製ダムの構造、それから設置経費の低コスト化の検証も行っていただきまして、愛媛方式としての「木製ダム構造基準(案)」、ここまで決定していただいているところでございます。

 この結果を受けまして、県では、来年度から、西日本豪雨災害など過去の豪雨災害で土石流が発生した災害履歴のある流域や、土石流危険渓流、崩壊土砂流出危険地区など、潜在的に土石流等の危険性がある流域を対象としまして、緊急度や有効性を勘案しながら候補地を選定の上、地元協議が整ったところから、順次、設置を進めていきたいというふうに思います。

 なお、このパネルを見ていただけたら、これが検証で、久万高原ですけれども、平成29年度に設置した木製ダムですね。これが1年経ったら、根が生えてこういう形になって、上のところで発生を抑えるというふうなことになっています。ちなみに、設置費用は、180万円くらいのコストで、これが設置できるということでありました。

 以上です。

(南海放送)

 この木製ダムは、現状では、久万高原町だけに設置しているのか。

(知事)

 3カ所でやったのかな。

(森林局長)

 3年がかりで3カ所ずつの全9カ所です。

(知事)

 毎年3カ所ずつ。

(南海放送)

 全て久万高原町内に設置しているのか。

(知事)

 いや、東中南予、分けて。

(南海放送)

 今後の計画では、何カ所ぐらいで、どの程度の規模の設置を考えているのか。

(知事)

 まだ分からないですね。こういったところに効果があるということを検証いただいたので、じゃあそれに適合する危険箇所が、どの程度あるのかというのは、これからしっかりと分析をして、順次やっていきたいと思っています。この段階で、全ての検証、調査は終わっていないですから。これからやって決めたいと思います。

(テレビ愛媛)

 愛媛方式ということだが、全国的にも珍しい取り組みなのか。

(知事)

 実はこれ、ずいぶん前、平成23年度くらいに、西条市さんが一部展開した過去があるんですよ。そこをヒントにしながらやったので、他は聞いたことないですね。ありますか。

(森林局長)

 愛媛方式でやるのが、初めてとなると思います。

 

 

 

 

 

お問い合わせ

農林水産部森林整備課 治山係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2595

ファックス番号:089-912-2594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ