文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2017年12月27日

エコ・リンドーの推進

前述のとおり、林道は自然を守り健全な森林を育てる人々の生活や仕事、また、都市住民の自然とのふれあいの提供に役立っています。

林道をつくるためには、木を伐採したり、山を削ったりしなければなりませんが、林道は、きれいな水と空気の源泉である森林を整備する上で必要不可欠な施設であるという認識のもと、森林の機能等に配慮した自然と共生する「エコ・リンドー」としての整備が強く求められています。

特に、現地発生竹材や県産材を使った自然に優しい木製構造物工の採用を標準化し、間伐材の有効利用による『木材の利用促進』を積極的に推進することによって、本県の重要課題でもある間伐施業の推進が図られ、『森林そ生』が実現されるよう強力に進めています。

(1)森林の目的に応じた林道の整備

  • ア 森林の持つ機能区分に応じた事業計画の策定
  • イ 造林と一体化した事業計画の策定、適切な事業の推進

(2)全体計画調査の適正な実施

  • ア 環境アセスメントや生態系調査の実施
  • イ 土地の形状の変更等を最小限に押さえる線形、工法の採用
  • ウ 環境などに対する配慮を優先した工法の採用

(3)自然環境に配慮した工事の実施

  • ア 土地の形状の変更等を最小限に押さえる工法の採用
  • イ 法面の早期緑化を図る工法の採用
  • ウ 山腹の崩壊や残置森林の損傷の防止等を図る工法の採用
  • エ 小動物に配慮した工法(スロープ付側溝、動物の横断路等)の採用
  • オ 小鳥等の餌木や郷土樹種などの法面等への導入
  • カ 木製構造物工の積極的な採用
  • キ 低公害機種や環境にやさしい燃料等の積極的な採用
  • ク 現地発生材の積極的なリサイクル活用

<<早期緑化及び景観に優れた切土法面補強土工法の採用>>

写真ー1 完成時状況(石畳上灘線)

<<<前へ 

お問い合わせ

農林水産部林業政策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2585

ファックス番号:089-912-2594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ