文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 仕事・産業・観光 > 林業 > 森林整備 > 愛媛の林道事業 > 森林整備に関する事業の概要その1

ここから本文です。

更新日:2017年12月27日

森林整備に関する事業の概要その1

(2)林道区分の概要

林道区分

区分

目的等

森林基幹道
(幹線林道)

森林整備に必要不可欠な林内路網の骨格的役割を果たすとともに、森林、都市、山村の共生・対流の基盤となる林道です。規格等については、コスト縮減、環境への配慮から、主に林道規程に基づく自動車道2級(全幅4m)で開設しています。

森林管理道
(幹・支線林道)

作業道と一体的に林内路網を形成し、森林整備等と直結する林道です。幹線(2級)と支線(3級)の組合せにより効率的・効果的に整備しています。

森林施業道
(支線林道)

森林管理道を補完し、森林施業と一体的に整備され、専ら林業機械等の通行に供する林道です。主に3級(全幅3m)規格で整備しています。

5 森林整備に関する事業の概要

(1)森林環境保全整備事業

森林は、県土の保全、水源のかん養、自然環境の保全、公衆の保健、地球温暖化の防止、林産物の供給等、多くの働きを持っています。森林の持っているこれらの多面的機能の維持・増進を図り、森林環境の保全に努めるため、次の事業を行っています。

<<路網体系の整備=森林管理道:大谷支線(久万高原町)>>

間伐材の運搬(大谷支線)

間伐団地内の作業林道

連携する林内作業車道

(1)水土保全林整備事業(暮らしを守る森林づくりのための林道)

森林の公益的機能の高度発揮への県民の期待は、益々高くなっていますが、これら森林づくりのためにも林道は必要不可欠な施設です。このため、開設等に当たっては、下流域に土砂を流さないように極力切り取り断面や盛土断面を小さくするなど、地形に沿った線形や工種に配慮した林道を整備する事業です。

<<林道ネットワークの形成>>

緑資源幹線林道:広見篠山線

森林基幹道:長崎明神山線

森林管理道:ウトギ線

<<<前へ

次へ>>>

 

お問い合わせ

農林水産部林業政策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2585

ファックス番号:089-912-2594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ