close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 仕事・産業・観光 > 林業 > 林業振興・県産材利用促進 > 木造公共施設紹介その1 > 大三島少年自然の家「ミロアール・ヴィラージュ」

ここから本文です。

更新日:2017年12月28日

大三島少年自然の家「ミロアール・ヴィラージュ」

施設名

大三島少年自然の家「ミロアール・ヴィラージュ」

所在地

越智郡大三島町大字肥海4637番地

設計監理者

株式会社 連合企画設計

施工者

鹿島建設 株式会社 四国支店

延べ床面積

2,868.92平方メートル

事業費

749,230,000円

木材使用量

630.00立方メートル

補助事業名

平成12年度地域材利用公共施設整備促進事業(国補助事業)

一般にも開放された海の見える木造施設

平成14年に県産材のスギ、ヒノキを活用した野外体験学習の拠点施設「大三島少年自然の家~ミロアーロ・ヴィラージユ~」がリニューアルオープン。それまでは閉鎖した小・中学校校舎を利用していたが、老朽化のために取り壊し、2月末に完成した。木造ロッジ風の造りが独特の温かみを醸し出し、その外観と目前に広がる青い海とが絶妙のコントラストを見せている。

施設は、宿泊棟9棟、屋内食堂棟、多目的研修棟、管理棟をそれぞれウッドデッキでつないだ一体型。宿泊棟は利用者の人数に合わせ4タイプに分かれ、最大256人が宿泊可能となっている。野外には炊事場と野外食堂棟が完備しており、128座席もある木製のテーブルが置かれている。

また、リニューアルに伴い、利用者を小中学校関係者限定から一般にも開放。週末やゴールデンウィーク、盆、正月などの帰省客や一般利用客にも気軽に利用してもらえるようにと、利用料は低く設定され、宿泊棟には全室冷暖房も完備している。大山祗神社やしまなみ海道の観光拠点としての利便性も高く、早くも充実した設備と自然に恵まれた環境が好評を博している。

大三島少年自然の家「ミロアール・ヴィラージュ」

大三島少年自然の家「ミロアール・ヴィラージュ」

大三島少年自然の家「ミロアール・ヴィラージュ」

大三島少年自然の家「ミロアール・ヴィラージュ」

愛媛の林業トップページへ

木材の活用方法紹介トップページへ

お問い合わせ

農林水産部林業政策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2585

ファックス番号:089-912-2594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ