close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 仕事・産業・観光 > 畜産業 > 家畜伝染病 > 家畜伝染病予防法に基づく豚熱ワクチン接種について

ここから本文です。

更新日:2021年10月15日

家畜伝染病予防法に基づく豚熱ワクチン接種について

本年7月31日(土曜日)、兵庫県淡路市で豚熱に感染した野生いのししが確認され、8月6日(金曜日)に国から四国4県が豚熱ワクチン接種推奨地域に指定されました。

これを受け、「豚熱に関する特定家畜伝染病防疫指針」に基づき本県の「豚熱予防的ワクチン接種プログラム」を作成し、9月22日(水曜日)に国から妥当である旨の通知がありました。

10月1日(金曜日)から家畜防疫員による豚熱ワクチン接種を開始しています。

ワクチン接種の概要

初回一斉接種

  1. 対象区域:県下一円
  2. 接種期間:令和3年10月1日(金曜日)から開始し、概ね4ヶ月間での終了を予定。
  3. 接種対象:県内で飼養されている豚及びいのしし(98戸、約20万頭)
    (ただし、哺乳豚及び20日以内にと畜予定の豚を除く。)
  4. 接種順:東予地域から開始し、順次中予地域、南予地域へと拡大
  5. 実施者:家畜防疫員(県職員獣医師)
  6. 手数料:初回一斉接種のみ手数料350円/頭を全額免除
  7. 接種豚の出荷開始時期:最短で令和3年10月21日(木曜日)から

追加接種(2回目以降)

  1. 初回一斉接種後に新たに生まれた子豚のほか、農場で長期間飼育される繁殖豚、種雄豚及び繁殖候補豚を接種
  2. 手数料280円/頭を徴収します。
    (手数料350円から、当分の間70円減免)

その他

  1. 本県では、豚熱の発生は確認されていません。
  2. 豚熱ワクチンを接種した豚やいのししの肉を食べても、人の健康に影響はありません。
  3. 豚熱は、豚やいのししの病気であり、人には感染しません。
  4. 豚熱に感染した豚肉が市場に出回ることはありませんが、万が一、人が感染した豚肉を食べても健康には影響はありません。
  5. 家畜防疫上の観点から、養豚場等での取材は行なわないようご協力をお願いします。

 

お問い合わせ

農林水産部畜産課 家畜衛生係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2580

ファックス番号:089-912-2574

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ