文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 仕事・産業・観光 > 農業 > 経営支援 > 豪雨により被害を受けた農業者の応急的な復旧支援について(豪雨被害営農継続緊急支援事業)

ここから本文です。

更新日:2018年7月27日

豪雨により被害を受けた農業者の応急的な復旧支援について(豪雨被害営農継続緊急支援事業)

平成30年7月豪雨の被害を受けた被害農業者の応急的な復旧を支援するため、下記のとおり事業を創設しましたのでお知らせします。

豪雨被害営農継続緊急支援事業の概要

1事業の目的:

平成30年7月豪雨の豪雨被害を踏まえ、被害を受けた農作物の樹(草)勢回復・病害等防除・植え直しの支援、コンバインや乾燥調整施設等が被災した場合の収穫調製作業の委託の支援、防除施設等が被災した場合の防除作業の委託又は応急的な代替機械の導入の支援、被災した圃場の応急的な復旧への支援をすることにより、被災農家の営農継続を図る。

2事業対象者:

農協、農業法人、営農集団等(特認団体)※農協等が農家の要望を取りまとめ、市町に申請します。

3事業内容:

(1)被害を受けた農作物の樹(草)勢回復、病害虫等防除、植え直し

(2)コンバイン・乾燥機等を被災した農家の応急的な収穫調製作業の委託

(3)スプリンクラー等を被災した農業者の応急的な防除作業の委託又は代替機械の購入

(4)被災圃場等の応急的な復旧の為の機械等のレンタル

4補助対象経費:

(1)追加的な施肥・防除に係る肥料・農薬代、植え直しに係る種苗・肥料・資材代

(2)水稲の収穫調製等の作業の委託費

(3)防除作業の委託費又は応急的な代替機械の購入費

(4)被災圃場等の応急的な復旧の為の機械等のレンタル料 

5補助率:県3分の1

6事業実施期間:平成30年7月8日から平成31年3月31日※被災日まで遡って対象とすることができます。

7募集期間:平成30年8月末頃まで(※お住まいの市町までお問い合わせください)

8予算額:50,633千円

○添付ファイル

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部農産園芸課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2565

ファックス番号:089-912-2564

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ