close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 仕事・産業・観光 > 農業 > 農地整備・保全 > えひめのため池 > 防災重点農業用ため池に係る防災工事等の推進に関する特別措置法

ここから本文です。

更新日:2022年1月20日

防災重点農業用ため池に係る防災工事等の推進に関する特別措置法

防災重点農業用ため池に係る防災工事等の推進に関する特別措置法が制定されました

防災重点農業用ため池に係る防災工事等を集中的かつ計画的に推進することを目的として、

「防災重点農業用ため池に係る防災工事等の推進に関する特別措置法」が制定されました。(令和2年10月1日施行)

防災重点農業用ため池を指定しました

「防災重点農業用ため池に係る防災工事等の推進に関する特別措置法」第4条に基づき、県内の農業用ため池3,147箇所のうち、決壊による水害その他の災害により

周辺の区域に被害を及ぼすおそれがある1,751箇所を、「防災重点農業用ため池」に指定しました。(令和3年12月20日更新)

防災重点農業用ため池の指定基準

  • ため池から100m未満の浸水区域内に家屋、公共施設等があるもの
  • ため池から100m以上500m未満の浸水区域内に家屋、公共施設等があり、かつ貯水量1,000立法メートル以上のもの
  • ため池から500m以上の浸水区域内に家屋、公共施設等があり、かつ貯水量5,000立法メートル以上のもの
  • 上記以外で、県または市町が特に必要と認めるもの

防災重点農業用ため池指定箇所

防災重点農業用ため池指定箇所については、ため池データベースでご確認ください。

なお、令和3年12月20日付の更新は以下のとおりです。

防災重点農業用ため池に係る防災工事等推進計画を策定しました

防災重点農業用ため池を令和3年2月17日に指定したことを受け、「防災重点農業用ため池に係る防災工事等の推進に関する特別措置法」第5条に基づき、

令和3年度から令和12年度までの10年間を計画期間とする「防災重点農業用ため池に係る防災工事等推進計画」を策定しました。

愛媛県ため池保全サポートセンターの開設について

近年、想定を超える異常気象により、ため池における災害発生のリスクが高まっている中、ため池管理者を対象に適正な管理をサポートすることを目的に、

「愛媛県ため池保全サポートセンター」を令和3年4月14日に開設しました。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部農地整備課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2545

ファックス番号:089-912-2534

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ