close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2022年11月1日

えひめの棚田

夕暮れの棚田

第22回農業農村整備事業写真コンテスト最優秀賞「夕暮れの棚田」(東温市井内)

泉谷棚田

日本の棚田百選:泉谷棚田(内子町北表)

 

棚田(たなだ)地域は、洪水の緩和や地下水涵養(かんよう:雨などが地下に染みこみ、地下水となること)などの機能のほか、多彩な自然景観を有する県民の安らぎの場として重要な役割を果たしています。
愛媛県内には、未来に残していきたい棚田・段々畑(だんだんばたけ)が多く存在しています。

 

棚田・段畑HP「愛媛のたなだん」の開設について

新たに、棚田・段畑ホームページ「愛媛のたなだん」を開設しました。

詳しい内容は下をクリックしてください!

 

『棚田・段畑HP「愛媛のたなだん」の開設について』

棚田カード第3弾の配布開始のお知らせ

愛媛県では、棚田カード第3弾として令和4年11月1日から、


『堂の坂の棚田』(西予市)
『奥松瀬川の棚田』(東温市)
『雨滝音田の棚田』(東温市)
『稲積棚田』(大洲市)
『宇和海狩浜の段畑』(西予市)

 

の計5地区で新たに配布を開始しました。

 

第1弾、第2弾の6地区と合わせてチェックしてみてください。

詳しい内容は下をクリックしてください!

 

『棚田カード第3弾の配布を開始しました!』

 

ふるさと・水と土ふれあい事業

事業の目的

中山間地域、棚田地域は、洪水の緩和や地下水涵養(かんよう)などの機能のほか、多彩な自然景観を有する県民の安らぎの場として重要な役割を果たしていますが、過疎化(かそか)や高齢化により荒廃農地(こうはいのうち)の増加や集落機能の低下が危惧(きぐ)されています。

このため、県では、農地及び水路、ため池などの土地改良施設の利活用や農村の景観、郷土の伝統文化を保存する地域住民活動への支援などを目的に、「ふるさと・水と土ふれあい事業」を積極的に実施しています。

事業実施計画はこちら⇒事業実施計画(PDF:291KB)

棚田教室

県では、都市地域に住む小学生以下の子供を対象に、親子で行う農作業などの農村の生活体験を通して、棚田地域の多面的機能(ためんてききのう:農産物の生産、水資源の涵養(かんよう)、災害の防止機能、農作業体験学習の場、生物生育の場、安らぎのある景観などの様々な役割)を保全することの重要性、さらには安全・安心な食料の供給や農村文化の伝承など「農」への理解を深めるため、平成16年度から「棚田教室」を毎年実施しています。平成31年度(令和元年度)は開催いたしません。

いねかりをしているみきゃん

ふるさと水辺の生き物教室

県では、農地や農業用水路等の土地改良施設をとりまく自然環境の大切さや環境保全に対する取り組みへの理解を深めるため、将来を担う子供たちを中心に、ため池、泉、水路など水辺での「ふるさと水辺の生き物教室」を開催し、ふるさとの水と土を守る地域住民の持続的な活動を支援しております。平成17年度から取り組んでます。平成31年度(令和元年度)は開催いたしません。

虫取りをしているみきゃん

ふるさとづくりワークショップ(集落点検)

魅力あるふるさとづくりには、住民の皆さん自らが住みよい地域づくりを進める必要がありますが、近年、農村地域では、地域のことについて考え、話し合う機会も少なくなるなど、地域コミュニティ機能が低下しつつあります。

地域の皆さんが愛着や誇りを持てる地域づくりを進めるためには、地域にある文化や農村環境を自分達の目で見つめ直し、特に、土地改良施設や農地が果たしている多面的機能(ためんてききのう)を再認識する必要があります。

県では、今後の地域のあり方を考える機会を提供し、活力のある、住みよい農村づくりを推進するため、「ワークショップ(集落点検)」の開催に平成10年度から取組んでいます。平成27年度からは、ため池等の土地改良施設に対して、子どもから大人までを対象に、避難訓練等を行う「防災型ワークショップ」を実施しています。平成31年度(令和元年度)は開催いたしません。

さんぽしているみきゃん

中山間ふるさとサポートマッチング事業

中山間地域の集落では、過疎化(かそか)・高齢化等により、共同作業等の集落機能の維持が困難になりつつあります。その一方で、このような地域の多面的機能(ためんてききのう)についての理解は年々深まっており、企業等による農村地域へのボランティアなどの取り組みも見られるようになりました。

本事業は、平成26年度から平成29年度までのモデル事業として実施し、集落及び企業等の協定締結が64組に至っています。協定締結した集落においては、草刈り・水路掃除などの協働活動を実施するなど一定の成果を上げています。平成29年度で基金を活用したモデル事業としては終了しましたが、引き続き事業として継続していきますので、興味のある方は県庁及び最寄りの市町へお気軽にお問い合わせください。

過去の実績については下に示している「過去の主な実施内容」に掲載しておりますので、ご覧下さい。

 

話し合いをしているみきゃんマッチング状況

締結状況001

 

 

以上、事業の実施内容を紹介しましたが、学校関係者及び農家・非農家の皆様、ふるさとサポーターに興味のある皆様、本事業に“参加してみたい話を聞いてみたい”など、関心がございましたら、お気軽にご連絡ください。

 

過去の主な実施内容

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

平成26年度

 
 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部農地整備課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2545

ファックス番号:089-912-2534

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ