文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > サワラの資源増大に向けた取組みについて(種苗放流のお知らせ)

ここから本文です。

更新日:2017年6月16日

サワラの資源増大に向けた取組みについて(種苗放流のお知らせ)

愛媛県水産研究センター栽培資源研究所では、サワラ資源の増大に向けた取組みとして、瀬戸内海の関係11府県と連携し、種苗放流や効果調査を実施しており、今年度も次のとおり今治市大浜地先において、14日間中間育成した人工種苗の放流を行います。

 

1日時:平成29年6月19日(月曜日)9時から
2場所:今治市大浜町、大浜漁業協同組合地先
3内容:放流尾数約14.000尾(当日確定します)大きさ平均全長7センチメートル

取材される方は今治市の大浜漁港に午前8時30分までに集合してください当日は大浜漁協に設置した中間育成施設から放流するため、船外機船で放流場所まで御案内します

救命胴衣の準備、及び天候等により延期又は時間を変更する場合がありますので現地取材を予定の報道機関におかれましては6月16日(金曜日)の午後5時、又は19日(月曜日)午前8時までに栽培資源研究所までご連絡をお願いします

〇サワラの資源管理について(参考資料)(PDF:593KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部栽培資源研究所

〒799-3125 伊予市森甲121-3

電話番号:089-983-5378

ファックス番号:089-983-5570

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ