愛媛県庁/瀬戸内海(燧灘)で発生した赤潮について

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2018年8月17日

瀬戸内海(燧灘)で発生した赤潮について

水産研究センター栽培資源研究所が実施した赤潮調査において、有害プランクトンの「カレニア・ミイモトイ」が、燧灘で確認されました。一部の海域では、危険濃度(魚類:1,000細胞/mL、アワビ200細胞/mL)を超えたところもありますので、異常が確認された際には、最寄りの地方局水産課にご連絡願います。

調査結果の詳細は下記のとおりです。

平成30年8月16日調査結果1(PDF:41KB)

平成30年8月16日調査結果2(PDF:48KB)

平成30年8月16日調査結果3(PDF:44KB)

平成30年8月10日調査結果1(PDF:333KB)

平成30年8月10日調査結果2(PDF:325KB)

平成30年8月9日調査結果(PDF:303KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部栽培資源研究所 浅海調査室 石田、喜安

〒799-3125 伊予市森甲121-3

電話番号:089-983-5378

ファックス番号:089-983-5570

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ