close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2022年4月26日

資源の保護培養

サワラ・カタクチイワシ・マコガレイは、関係漁業者が操業期間や操業海域を自主的に規制して、資源の保護培養に努めており、このうちサワラは、瀬戸内海の関係府県が共同で種苗生産⇒中間育成⇒放流に取り組んでいます。
 また、この他にもトラフグについては、西日本各県と共同して放流・追跡調査を行っているほか、内水面においては、天然ウナギの生態調査に協力するなど、県内の水産資源回復に向けた調査・研究に取り組んでいます。

paint11

 

お問い合わせ

農林水産部栽培資源研究所

〒799-3125 伊予市森甲121-3

電話番号:089-983-5378

ファックス番号:089-983-5570

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ