close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2020年8月23日

研修・広報

高校生の家畜審査

高校生による牛の家畜審査 『家畜審査競技県大会』

畜産研究センターでは、毎年、農業・畜産等を専攻する高校の学生さんを対象に、「家畜審査競技県大会」を行っています。

家畜は、乳用牛、肉用牛ともに、それにふさわしい体型(体型の審査基準)が定められています。その体型の良し悪しを判断し、正当に評価できているかどうかを審査する協議会です。

毎年、60名程度の高校生が集まり、日頃の学習の成果を試しています。

 

    

一日体験学習

家畜とのふれあい 『畜産研究センター 一日体験学習』

畜産研究センターでは、毎年7月下旬頃に、「一日体験学習」を実施しています。

内容は、乳しぼり体験、牛のエサやり、とうもろこし・甘とろ豚加工品の試食、牛乳の試飲、収穫機等の実演・展示、小動物のふれあい等が行われており、毎年200名程度の来客者でにぎわっています。
今年は、新型コロナウイルス感染症の感染予防の観点から、中止といたしましたが、来年度以降は、実施していく予定ですので、ご参加をお待ちしております。

 

令和2年度一日体験学習について

 

   

 

四国カルスト除草作業

牧草豊富な牧場へ 『四国カルスト牧場除草作業』

冷涼な気候で、観光に人気の高い四国カルストでは、牛の預託放牧を行っている大野ヶ原牧場、姫鶴牧場が存在します。
この牧場は、生産者から預かった牛を広大な面積の放牧場に放牧させることで、牛の足腰を丈夫にし、健康的に成育させる環境のもと、人工授精を行い生産活動に役立てています。
当センターでは、この牧場の牧草の豊富な放牧地としていくために、各関係機関の協力を得ながら、除草作業を行っています。

 

農業大学校分校

新たな畜産担い手の育成 『愛媛県農業大学校分校』

畜産研究センターは、愛媛県農業大学校分校としての役割を持っており、ほぼ毎月、定期的に学生に対する講義や実習等を行っています。
1年生は、畜産全般の基本的な内容を習得してもらい、2年生は畜産コースを選択した学生に対し、専門的な知識の習得と高度で応用的な実習を実施しています。

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

農林水産部畜産研究センター

〒797-1211 西予市野村町阿下7-156 

電話番号:0894-72-0064

ファックス番号:0894-72-0065

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ