文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2017年7月20日

研究内容

研究内容

 

 みかん研究所では、消費者のニーズを満たし、し烈化する産地間競争に勝ち残り得る高品質な果実を低コストで生産していく体制構築に向けて、研究を進めています。

 

 

 

 

 

継続課題

 

課題名

課題の概要

次世代かんきつ新品種育成試験
(H29~38)

柑橘王国愛媛としてブランド力を高めるために、多様化する流通や消費者ニーズを踏まえた高品質かつ特長のある品種を育成する。

温州みかん新品種育成開発試験

(H28~37)

温州みかんにおいて交雑育種を利用可能とする新たな育種システムを開発し、温暖化対策や高品質を目指したオリジナル品種の育成を図る。

極端気象に対応した南柑20号の浮皮軽減

技術開発試験

(H29~33)

本県温州ミカンの主要品種である南柑20号は秋期の高温や多雨により、浮皮による品質低下が問題となっており、植物生育調節剤の散布や結実管理等の組み合わせにより浮皮の軽減技術を開発する。

みかん研究所栽培試験研究
(S51~)

消費嗜好の多様化・量から質への変化に対応するため、各産地に適した新品種の導入や新技術開発による高品質安定生産技術の確立を行う。

重イオンビーム照射により色素成分改変ブラッドオレンジ新系統の開発

(H26~30)

重イオンビームを利用してブラッドオレンジの色素成分が改変した変異体を育成する。併せて、変異体の色素に関するDNAマーカー開発を行い、遺伝子マーカーによる変異体の早期選抜技術を開発する。

 ※研究成果についてはリンク先のページをご覧ください。

 

お問い合わせ

農林水産部農林水産研究所 みかん研究所

〒799-3742 宇和島市吉田町法花津7-115 

電話番号:0895-52-1004

ファックス番号:0895-52-1032

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ