close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 仕事・産業・観光 > 農業 > 研究開発 > 1月~2月の愛媛のかんきつ

ここから本文です。

更新日:2017年2月10日

1月~2月の愛媛のかんきつ

1月~2月に旬のかんきつメニュー

文字もしくは写真をクリックすると、くわしい説明にジャンプします。

ポンカン

天草 甘平 媛小春

ポンカン

天草

甘平

媛小春

ポンカン

ぽんかん

コンパクトな大きさ、皮のむきやすさ、価格の手ごろさの3拍子そろった、おやつに最適の手軽な柑橘「ポンカン」です。酸味が弱く甘味が強いので、子供にも人気です。愛媛県は日本一のポンカンの産地です。
ポンカンには、1月に出荷が始まる「太田ポンカン」、2月に出荷が始まる「今津ポンカン」などがあります。「太田ポンカン」は、1947年に静岡県清水市(現:静岡市)の太田敏雄氏の園地で発見された「庵原ポンカン」の枝変わり品種です。「今津ポンカン」は、1951年に愛媛県吉田町(現:宇和島市)の今津伊勢夫氏が、高知県土佐市の市原覚氏より譲り受けた穂木を育成した品種です。

かんきつメニューに戻る

天草

天草

独立行政法人農業食品産業技術総合研究機構が、中間母本の「清見興津早生No.14」(♀)と米国生まれのタンゼリンタンゼロ「ページ」(♂)の交雑から育成した柑橘「天草」です。1995年8月に種苗法の登録を受けました。

外観は紅色が鮮やか、果肉は芳醇な果汁があふれ、まろやかな味わいの美人柑橘です。外皮が薄く、少々むきにくいので、カットフルーツにして食するのが一般的です。出荷時期は、1月下旬から2月中旬までで、愛媛県は日本一の「天草」の産地です。

かんきつメニューに戻る

甘平

甘平

愛媛県が育成した、「西之香」(♀)と「ポンカン」(♂)の交雑品種であり、2007年8月に種苗法の登録を受けました。自慢の甘味と平たい形から「甘平」と命名されました。

成熟期は2月で、薄い袋は母親から、果肉の歯ごたえと強い甘みは父親からそれぞれ受け継ぎ、その食味は既存の品種や新たな育成品種の中でもトップクラスの良好さです。

果皮がとても薄いため、生育中に裂果が発生しやすく、細やかなかん水など丹精込めた栽培管理が必要です。これからの愛媛柑橘を担うひとつとして期待は大きく、愛媛県内でのみ生産されています。

かんきつメニューに戻る

媛小春

媛小春

愛媛県育成の「清見」(♀)と「黄金柑」(♂)の交雑品種であり、2008年10月に種苗法の登録を受けました。最も食味が優れた黄色系柑橘のひとつである幻の父「黄金柑」の美味しさをそのままに、みかんのような食べやすさを兼ね備えた新しいタイプの柑橘「媛小春」です。愛媛県が育成した最も新しい品種で、愛媛県内でのみ生産されています。生産量はまだごくわずかで、本格生産はこれからです。成熟期は1月下旬~2月、早春を告げる愛らしい黄金色の柑橘です。

かんきつメニューに戻る

お問い合わせ

農林水産部農林水産研究所

〒799-2405 松山市上難波甲311

電話番号:089-993-2020

ファックス番号:089-993-2569

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ