close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 仕事・産業・観光 > 雇用・労働 > 就労支援 > 令和3年度愛媛県中核産業人材確保のための奨学金返還支援制度の助成対象者(学生)の募集について

ここから本文です。

更新日:2021年9月14日

令和3年度愛媛県中核産業人材確保のための奨学金返還支援制度の助成対象者(学生)の募集について

 学生募集開始

応募に必要な書類はコチラ

ご登録いただける企業様も募集中です★募集ページはコチラ

 

愛媛県では、県内産業を支える中核人材となる学生の県内定着やUIJターン就職を促進するため、本制度に登録した『ものづくり産業分野』『IT関連分野』『観光分野』の県内企業(登録企業)に就職した学生を対象に、県と登録企業とで出捐した基金により、奨学金の返還を助成します。

県内企業へ就職をお考えの学生の方は、ぜひご応募ください。

※本制度の利用に当たっては、あらかじめ応募する必要があります。

概要は、以下のとおりです。詳細は、募集要綱等をご覧ください。 

応募から助成までの流れ

1.募集対象者

本事業の対象となる学生は、次の(1)及び(2)に該当する学生で、現在、正規雇用されていない方です。

(1)令和5年(2023年)3月に卒業予定の大学生又は修了予定の大学院生であって、次のいずれかに該当する方

<県外コース>

愛媛県外の大学・大学院に在籍し、現に日本学生支援機構第一種奨学金又は第二種奨学金の貸与を受けている方

<県内コース>

1.愛媛県出身者であって、愛媛県内の大学・大学院に在籍し、現に日本学生支援機構第一種奨学金又は第二種奨学金の貸与を受けている方(愛媛県出身者枠)
2.愛媛県外出身者であって、愛媛県内の大学・大学院に在籍し、現に日本学生支援機構第一種奨学金又は第二種奨学金の貸与を受けている方(愛媛県外出身者枠)

(2)愛媛県内で対象となる産業ものづくり産業分野』・『IT関連分野』・『観光分野』)を営む登録企業への就職を希望する方

※本制度に応募・認定されたとしても、登録企業以外への就職も可能です。

2.募集人員

合計100

【内訳】

<県外コース>
 50名

<県内コース>

 1.愛媛県出身者枠 20名
 2.愛媛県外出身者枠 30名

申込状況によっては、内訳が変動する可能性があります。
※100名を超える応募があった場合は、募集要綱に基づき選考します。

3.助成の要件

  • 大学卒業又は大学院修了後、令和5年(2023年)4月末日までに登録企業へ正社員として就職の上、継続して就業し、かつ奨学金を返還していること。

《注意事項》
※1年間の奨学金返還実績(10月分から翌年9月分)ごとに最大7年間助成を受けることができます。
※国家公務員・地方公務員として雇用される方は対象外となります。

※就職した登録企業が助成額の1/2を基金に出捐しない場合は、助成されません。
※助成対象者が、就職する登録企業の代表者又は取締役の3親等以内の親族であり、同企業の経営の承継を目的として就業する場合など、助成対象者にとって同企業への就業の必然性が相当程度高いと認められる場合は、助成対象外とすることがあります。

4.助成額

最大117.6万円(最大7年間助成した場合)

助成対象者が借り入れた奨学金に係る1年間の返還額(10月分~翌年9月分)の2/3または16.8万円のいずれか低い額を、最大7年間助成します。

【例1】奨学金返還額 14,000円/月 の場合
14,000円×12月=168,000円
168,000円×2/3=112,000円
112,000円(助成額)<168,000円

【例2】奨学金返還額 23,000円/月 の場合
23,000円×12月=276,000円
276,000円×2/3=184,000円
184,000円>168,000円(助成額)

5.応募方法について

助成対象者への応募を希望される場合は、次の1~6の提出書類を下記提出先まで郵送により、

令和4年(2022年)2月28日(月曜日)まで(※当日消印有効)

にご提出ください。

※応募人数が募集人数を大幅に上回ったときは期限前であっても募集を締め切ることがあります。

  1. 令和3年度愛媛県奨学金返還支援制度助成対象者認定申請書(様式第1号)(ワード:42KB)
  2. 履歴書(様式第2号)(ワード:23KB)
  3. 奨学金貸与証明書(又はこれに準ずる書類/例:奨学生証、貸与額通知書等) ※コピーの提出可
      【参考:日本学生支援機構ホームページ(証明書の発行申請)(外部サイトへリンク)
  4. 申請者本人の現住所と氏名の両方を確認できる書類(例:住民票、運転免許証(写)、賃貸契約書(写)、公共料金請求書(写)等)※コピーの提出可
  5. 在学証明書(在学中の大学等の名称、学部、学科、専攻、学年が分かるもの。大学等が発行したもの(原本)に限る。
  6. 成績証明書(直近までの状況が分かるもの。大学等が発行したもの(原本)に限る。
     ※大学院生の方は、大学在籍時の証明書も併せてご提出ください。

提出先

〒790-8570 愛媛県松山市一番町4丁目4番地2
愛媛県 経済労働部 産業支援局 産業人材課

6.助成対象者認定後の流れ

奨学金返還支援制度助成対象者・登録企業へのお知らせにまとめておりますのでご確認ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経済労働部産業人材課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2509

ファックス番号:089-912-2508

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ