close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2020年12月14日

若年者ものづくり競技大会

若年者ものづくり競技大会の概要

若年者ものづくり競技大会は、若年者の技能習得の目標を付与し、技能を競う場を提供することにより、若年技能者の就業促進と裾野の拡大を図ることを目的として、厚生労働省及び中央職業能力開発協会の主催により開催されています。

参加対象者は、原則として日本国内の職業能力開発施設、工業高校等において技能を習得中の20歳以下の若年者です。

競技職種

令和元年度の第14回若年者ものづくり競技大会(福岡県で開催)の実施職種は15職種です。

【実施職種】

メカトロニクス、機械製図(CAD)、旋盤、フライス盤、電子回路組立て、電気工事、木材加工、建築大工、自動車整備、ITネットワークシステム管理、ウェブデザイン、業界用ITソフトウェア・ソリューションズ、グラフィックデザイン、ロボットソフト組込み、造園

競技職種は第14回大会のものです。今後の大会で変更される場合があります。

令和3年度:第16回若年者ものづくり競技大会の開催について

令和3年度に愛媛県において開催されることが決定しました。本大会の本県及び中四国での開催は「初」となるものです。

競技日程 

 令和3年8月4日(水曜日)~8月5日(木曜日)

場所 

 アイテムえひめ(メイン会場)

 愛媛県武道館

 愛媛職業能力開発促進センター(ポリテクセンター愛媛)

 日産愛媛自動車大学校

競技職種(15職種)

メカトロニクス

機械製図(CAD)

旋盤

フライス盤 電子回路組立て 電気工事
木材加工 建築大工 自動車整備
ITネットワークシステム管理 ウェブデザイン 業務用ITソフトウェア・ソリューションズ

グラフィックデザイン

ロボットソフト組込み

造園

 

(参考)

  • 直近第14回では、全国から443名の選手が競技に参加
  • 第15回大会(令和2年度)は中止になりました。

 

概要資料(PDF:68KB)

大会内容・結果

 

第46回技能五輪国際大会「グラフィックデザイン」職種日本代表選手選考会の出場について

第46回技能五輪国際大会(令和3年9月中国・上海開催予定)の日本代表選手を決める選考会に、本県から次の選手が出場します。

氏名 小西 優里奈

所属 河原デザイン・アート専門学校

競技職種 グラフィックデザイン

 

【第46回技能五輪国際大会日本代表選手選考会】

主催 厚生労働省、中央職業能力開発協会

日程 令和2年10月31日(土曜日)~11月1日(日曜日)

競技職種 「業務用ITソフトウェア・ソリューションズ」及び「グラフィックデザイン」

会場 愛知県国際展示場

※この選考会は、選考会を兼ねて実施される予定であった「第15回若年者ものづくり競技大会広島大会」が中止となったため行われるものです。

 

令和元年度:第14回若年者ものづくり競技大会

愛媛県からは、旋盤、電子回路組立て、建築大工、グラフィックデザイン、造園の5職種に6名の選手が出場し、このうち電子回路組立て職種で銀賞、旋盤、グラフィックデザインの2職種で敢闘賞を獲得されました。

競技日程

令和元年7月31日(水曜日)から8月1日(木曜日)(一部職種は7月29日から8月1日まで)〔15職種:443名の選手が参加〕

場所

 マリンメッセ福岡、福岡国際会議場、福岡職業能力開発促進センター(ポリテクセンター福岡)、福岡高等技術専門校

愛媛県代表選手

競技職種

氏名

所属

結果

旋盤

山之内 翔太

県立松山工業高校

敢闘賞

電子回路組立て

友近 響

県立松山工業高校

銀賞

建築大工

桐山 実久

県立吉田高校

 

グラフィックデザイン

伊藤 玲央那

河原デザイン・アート専門学校

敢闘賞

グラフィックデザイン

山本 聡美

河原デザイン・アート専門学校

 

造園 倉本 永遠 県立西条農業高校  

 

平成30年度:第13回若年者ものづくり競技大会

愛媛県からは、旋盤、電子回路組立て、建築大工、電気工事、グラフィックデザイン、造園の6職種に7名の選手が出場し、このうち電子回路組立て職種で金賞、旋盤、建築大工、グラフィックデザインの3職種で銅賞、電気工事職種で敢闘賞を獲得されました。

競技日程

平成30年8月1日(水曜日)から2日(木曜日)(一部職種は7月29日から8月2日まで)〔15職種:445名の選手が参加〕

場所

石川県金沢市 石川県産業展示館、ポリテクセンター石川、ポリテクセンター中部、小松産業技術専門校

愛媛県代表選手

競技職種

氏名

所属

結果

電子回路組立て

石田 有希人

県立松山工業高校

1位

旋盤

菅崎 和輝

県立松山工業高校

3位

建築大工

杉町 林太朗

県立吉田高校

3位

グラフィックデザイン

藤野 貴大

河原デザイン・アート専門学校

3位

電気工事

山内 泰輝

県立今治工業高校

敢闘賞

グラフィックデザイン

渡辺 慎

河原デザイン・アート専門学校

 
造園 佐伯 璃利佳 県立西条農業高校  

 

平成29年度:第12回若年者ものづくり競技大会

愛媛県からは、旋盤、電子回路組立て、建築大工、電気工事、グラフィックデザインの5職種に6名の選手が出場し、旋盤、電子回路組立て、建築大工の3職種で銀賞、電気工事、グラフィックデザインの2職種で銅賞を獲得されました。

競技日程

平成29年8月3日(木曜日)から4日(金曜日)(一部職種は7月30日から8月4日まで)〔15職種:443名の選手が参加〕

場所

名古屋市中小企業振興会館・愛知県立名古屋高等技術専門校、ポリテクセンター中部・名古屋港

愛媛県代表選手

競技職種

氏名

所属

結果

旋盤

吉田 亨

県立松山工業高校

2位

電子回路組立て

石田 有希人

県立松山工業高校

2位

建築大工

上岡 豊科

県立吉田高校

2位

電気工事

向井 陸人

県立松山工業高校

3位

グラフィックデザイン

保子 知美

河原デザイン・アート専門学校

3位
グラフィックデザイン 名西 紗映

河原デザイン・アート専門学校

 

 

平成28年度:第11回若年者ものづくり競技大会

愛媛県からは、電子回路組立て、電気工事、旋盤、建築大工、グラフィックデザインの5職種に6名の選手が出場し、旋盤及び電子回路組立ての2職種で金賞、グラフィックデザイン職種で銀賞、銅賞、電気工事及び建築大工の2職種で敢闘賞を獲得され、出場者全員が入賞されました。

競技日程

平成28年8月7日(日曜日)から8日(月曜日)(栃木会場は5日から8日まで)〔14職種:359名の選手が参加〕

場所

沖縄県コンベンションセンター、沖縄市体育館、栃木県立県央産業技術専門校、宇都宮市体育館

愛媛県代表選手

競技職種

氏名

所属

結果

旋盤

高橋 真也

県立東予高等学校

1位

電子回路組立て

北本 悠真

県立松山工業高等学校

1位

グラフィックデザイン

檜垣 歩里

河原デザイン・アート専門学校

2位

グラフィックデザイン

村田 優未

河原デザイン・アート専門学校

3位

電気工事

向井 陸人

県立松山工業高等学校

敢闘賞

建築大工

猿谷 孝輔

愛媛県立吉田高等学校

敢闘賞

平成27年度:第10回若年者ものづくり競技大会

愛媛県からは、電子回路組立て、電気工事、旋盤、建築大工、グラフィックデザインの5職種に6名の選手が出場し、このうち電気工事及び建築大工の2職種で銀賞、旋盤及び電子回路組立ての2職種で銅賞を獲得されました。

競技日程

平成27年7月28日(火曜日)から29日(水曜日)(滋賀会場は25日から28日まで)〔14職種:352名の選手が参加〕

場所

山形県ビックウイング・山形市総合スポーツセンター、山形県立山形職業能力開発専門校、滋賀県立高等技術専門校米原校舎

愛媛県代表選手

競技職種

氏名

所属

結果

電子回路組立て

北本 悠真

県立松山工業高等学校

3位

電気工事

小川 雄大

県立松山工業高等学校

2位

旋盤

二神 秀治

県立松山工業高等学校

3位

建築大工

兵頭 冬尉

県立吉田高等学校

2位

グラフィックデザイン

武智 多美

河原デザイン・アート専門学校

 

グラフィックデザイン

田崎 かすみ

河原デザイン・アート専門学校

 

 

平成26年度:第9回若年者ものづくり競技大会

愛媛県からは、電子回路組立て、旋盤、建築大工、グラフィックデザインの4職種に5名の選手が出場し、このうち旋盤及び建築大工の2職種で2位、電子回路組立て及びグラフィックデザインの2職種で敢闘賞(3位に次ぐ)を獲得されました。

競技日程

平成26年7月28日(月曜日)から29日(火曜日)(滋賀会場は27日から28日まで)〔14職種:353名の選手が参加〕

場所

山形県ビックウイング・山形市総合スポーツセンター、つくば自動車整備専門学校、滋賀県立高等技術専門校米原校舎

愛媛県代表選手

競技職種

氏名

所属

結果

電子回路組立て

井上 貴央

県立松山工業高等学校

敢闘賞

旋盤

白石 兼久

県立松山工業高等学校

2位

建築大工

兵頭 冬尉

県立吉田高等学校

2位

グラフィックデザイン

大楠 ひな

河原デザイン・アート専門学校

敢闘賞

グラフィックデザイン

藤野 尚徳

河原デザイン・アート専門学校

 

 

平成25年度:第8回若年者ものづくり競技大会

愛媛県からは、電子回路組立て、電気工事、旋盤、建築大工、グラフィックデザインの5職種に6名の選手が出場し、このうち電子回路組立て職種に出場した藤浦勇気選手(松山工業高校)が3位、旋盤職種に出場した玉井諒選手(東予高校)が敢闘賞を獲得されました。

競技日程

平成25年8月5日(月曜日)から8日(木曜日)(岩手会場は7日から8日まで)〔14職種:333名の選手が参加〕

場所

岩手産業文化センター、岩手県立産業技術短期大学校 矢巾(やはば)校、滋賀県立高等技術専門校 米原校舎、つくば自動車整備専門学校

愛媛県代表選手

競技職種

氏名

所属

結果

電子回路組立て

藤浦 勇気

県立松山工業高等学校

3位

電機工事 木山 嗣登 県立松山工業高等学校  
旋盤 玉井 諒 県立東予高等学校 敢闘賞

建築大工

渡部 寛章

県立東予高等学校


グラフィックデザイン

烏谷 理恵

河原デザイン・アート専門学校

 

グラフィックデザイン

樋野 栞

河原デザイン・アート専門学校

 


 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経済労働部労政雇用課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2500

ファックス番号:089-912-2508

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ