close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2022年6月28日

雇用形態について

雇用形態は、正社員のほかに、パートタイム労働者(1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者)や派遣労働者などいろいろな形があります。どのような雇用形態で働くことになるのか、事前によく確認しておく必要があります。雇用形態が違えば、社会保険等の加入の可否や適用される内容にも違いが出てきます。

派遣労働とは

派遣会社(派遣元会社)に雇用され、派遣先会社の指揮命令を受けて働くことになります。派遣元会社は厚生労働大臣の許可を受けていなければ労働者の派遣を行うことはできません。

派遣で働く際には、以下のことに気を付けておきましょう。

派遣で働く時に覚えておくこと

  • 労働条件、派遣料金額、就業条件の明示を受けましょう

派遣元事業主から、労働契約を締結するときに労働条件の明示、派遣就業を開始するときに派遣料金額の明示、就業条件の明示があります。

  • 年次有給休暇、育児休業をとることができます

派遣でも労働基準法、男女雇用機会均等法などの労働関係法令が適用されます。

  • 事業所単位・個人単位の期間制限があります

派遣先の同一の事業所に対し派遣できる期間(派遣可能期間)は、原則、3年が限度です。

また、同一の派遣労働者を、派遣先の事業所における同一の組織単位(いわゆる「課」)に対し派遣できる期間は、3年が限度です。

  • 働いていてトラブルが起こった場合は担当者に相談しましょう

派遣で禁止されていること

  • 禁止業務

建設業務、港湾運送業務、警備業務、医療関係業務(一部を除く)は派遣が禁止されています。

  • 派遣先となる会社との事前面接禁止

派遣先となる会社が、派遣労働者を指名することはできません。派遣開始前に面接を行うこと、履歴書を送付させることは禁止されています。(紹介予定派遣の場合や本人が希望する場合は認められています)

  • 元の勤務先への派遣の禁止

正社員・契約社員・アルバイトなどとして前に働いていた会社で、その離職後1年以内に派遣労働者として働くことはできません。

以前A社へ派遣され、派遣終了後1年以内に再度A社に派遣されることは可能です。

メニュー

お問い合わせ

経済労働部労政雇用課

〒790-0001 松山市一番町4-2 NTT愛媛ビル2棟

電話番号:089-912-2500

ファックス番号:089-912-2508

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ