close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 仕事・産業・観光 > 雇用・労働 > 技能振興 > えひめの技能振興 > アビリンピック > 第9回国際アビリンピック出場選手激励会

ここから本文です。

更新日:2020年2月21日

第9回国際アビリンピック出場選手激励会

フランス共和国ボルドー市において開催される「第9回国際アビリンピック」(3月23日~26日)に、本県から日本代表選手(1名)が出場することになったため、次のとおり激励会を開催しました。

 

「国際アビリンピック」とは?

アビリンピックは、「アビリティ(能力)」と「オリンピック」を合わせた造語で「能力のオリンピック」を表し、障害のある方々が日頃培った技能を互いに競い合うことにより職業能力の向上と、企業や一般に人々がその能力についての理解と認識を深め、雇用の促進を図ることを目的として、概ね4年に1度開催されています。

日本代表選手(合計32名)は、26年度に愛知県で開催された「第35回全国障害者技能競技大会」にて優秀な成績を収めた方の中から、派遣委員会の推薦等を踏まえて決定されました。

日時

平成28年3月9日(水曜日)13時30分~13時45分

場所

県庁本館3階 知事第二応接室

内容

  1. 選手紹介
  2. 激励品の贈呈
    激励品:アレンジタオルブランケット(県立今治高等技術専門校製作)
  3. 決意発表
  4. 記念撮影

派遣選手

  • 氏名
    門田雅行(かどた まさゆき)
  • 種目
    コンピュータプログラミング

門田選手は、第8回大会に続き2回目の出場。
前回はデータベース種目で出場し、銅賞を獲得。

 

激励会の様子

上甲副知事から、激励品として、今治高等技術専門校で製作したアレンジタオルブランケットとバスタオルを贈呈しました。
門田選手は、「前回大会より上位を目指して頑張りたい」と意気込みを語りました。

 

 

お問い合わせ

経済労働部労政雇用課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2500

ファックス番号:089-912-2508

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ