文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 知事 > ようこそ!愛媛県知事室へ > 知事記者会見録 > 知事記者会見録(平成23年度) > 被災地学校修学旅行の来県に関する記者発表の要旨について

ここから本文です。

更新日:2013年1月15日

被災地学校修学旅行の来県に関する記者発表の要旨について

日時 平成23年10月24日(月曜) 11時10分から

場所 知事会議室

 

(知事)
それでは、被災地学校修学旅行の来県日程について、お知らせをいたします。
資料をお配りしていますけれども、ご案内のとおり、「えひめ愛顔(えがお)の助け合い基金」を活用した「被災地学校修学旅行支援事業」につきましては、第一陣の岩手県立大槌(おおつち)高校の来県が、いよいよ5日後、10月29日となりましたので、現時点での来県日程等をお知らせいたします。後半の方は、まだちょっと確定してないところもありますので、確定しているところの前半5校について、お知らせをいたします。実施期間は10月から11月、これが前半5校の来県日程になります。
来県順にお知らせいたしますと、まずは、今お話しいたしました岩手県立大槌高校118名、10月29日土曜日から11月1日火曜日まで。2番目が福島県立浪江(なみえ)高校60名、11月8日火曜日から11月11日金曜日まで。3番目が福島県立小高(おだか)工業高校161名、11月13日日曜日から11月16日水曜日まで。4番目が福島県立浪江高校津島校23名、11月15日火曜日から11月18日金曜日まで。以上の4校は、3泊4日すべて、愛媛県内の日程になります。5番目が福島県立相馬(そうま)農業高校94名、11月17日木曜日から11月20日日曜日になりますが、相馬農業高校は、前半2日間が愛媛県、19日の朝、関西方面、他県へと移動されるとのことです。
この事業の特徴は、県民の幅広い方々からお寄せいただいた「えひめ愛顔の助け合い基金」を活用するということ、そしてもう一つは、県内の高校との交流をすべての学校に実施していただくということ、これを通じて高校生同士の絆を深めるきっかけづくりや、本県高校生にとっては、人を支えることを学ぶ貴重な機会となることを期待しているというところにございます。
同じ学科同士の交流、みかん狩りや砥部焼などの体験学習を通じた交流、地元観光資源のガイド、B級グルメ交流など、高校生たちが考えたさまざまな交流が予定されています。交流する学校は、次のとおりでございまして、最初の大槌高校は2校で、三島高校及び西条高校。浪江高校は、新居浜商業高校。小高工業高校も2校で、松山工業高校と内子高校。浪江高校津島校は、松山南高校砥部分校。相馬農業高校は、伊予農業高校。こうしたマッチングになっています。
また、今回の修学旅行に際しましては、先ほどの基金へのお気持ちをお寄せいただいたことに加えまして、さまざまな方面から、さらなる協力の申し出がございまして、その内容についても参考にお配りをさせていただきます。あらためて、協力していただいたすべての皆さんにお礼を申し上げたいと思いますが、愛媛県が、みんなの気持ちを、そしてまた力を結集して被災地にエールを送るという事業でございますので、皆さんにおかれましても、どうぞよろしくお願いいたします。
詳細につきましては、お話がありましたように、このあと、記者クラブにおいて、担当課からレクチャーをさせていただきます。

 

(愛媛新聞)
予算額が1億1,250万円になっているが、これは議会を全部通っているか。

 

(知事)
議会を通っています。当初、だいたい6校くらいかなと思っていましたので、基金そのものが2億円くらいあるんですけれども、4、5千万円くらいかなと思っていました。ただ本当に積立ができていないということで、対象が愛媛県内滞在ですから、先ほど話したように3日間全部愛媛でお願いできますかという要請もあったり、それから10校まで増えたこともありまして、議会にも諮らせていただいたんですが、それはもう、断るのは忍びないということで、被災のあった年ですから、がんばって受け入れてあげたらどうかという多くの声もいただき、予算は議会で承認されています。

 

(愛媛新聞)
1億1,250万円は、全部基金からか。

 

(知事)
基金です。もともと、市長会、町村会に投げたときも、まさに修学旅行をやろうと、これはメインだということは、ご同意いただいていたので、特に地元の高校生との交流などを考えると、愛媛らしい、本当に一番いい支援になるんじゃないかなというふうに個人的にも思っています。

 

〒790-8570
愛媛県松山市一番町4丁目4-2
愛媛県経済労働部観光国際局観光物産課
電話番号089-912-2491
kankou@pref.ehime.jp

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経済労働部観光物産課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2490

ファックス番号:089-912-2489

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ