文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2019年4月15日

実践能力習得科

訓練生の募集について

県内の企業、社会福祉法人、NPO法人等に委託し、その事業所現場で、作業実習を中心に行う訓練です。

  • 一人ひとりの能力に応じた訓練により、障がい特性についての配慮も受けながら、実践的な能力を身につけることができます。
  • 訓練を通じて、仕事の内容が自分に向いているかどうか判断できます。
  • 訓練終了後、その企業等に就職する可能性が高まります。

訓練内容

職種は問いませんが実施した例は次のとおりです。

  • 清掃、商品陳列、食品加工、資源物処理、縫製など

応募資格

  • 身体、知的又は精神障がいのある方で、公共職業安定所に求職申込を行い、公共職業安定所長の受講指示・推薦等を受けた方

訓練期間等

  • 訓練期間:標準3か月(1か月から最長6か月)
  • 訓練時間:標準月100時間(最低60時間)

訓練費用

  • 受講料は無料ですが、使用するテキスト代等は個人負担です。
  • 訓練中または通所途上のケガや、訓練中に誤って人にケガをさせたり、物を壊した場合に備え、職業訓練総合保険に加入していただきます。

募集期間

  • 年間を通じ、随時募集しています。

募集方法

  • 「障がい者委託訓練受講希望シート」を提出していただきますので専門校までご連絡ください。

訓練開始までの流れ

1.「障がい者委託訓練受講希望シート」を提出し、最寄りの公共職業安定所で求職申込をします。

2.専門校が、受入先企業等とのマッチング調整を行います。

3.受入先企業等と面接を行います。

4.専門校が受入先企業等と訓練委託契約を結びます。

5.訓練を開始します。

★訓練期間中は、専門校のスタッフが訓練先を随時訪問し、訓練生をサポートします。

★訓練修了後は、専門校のスタッフが公共職業安定所等と協力して、就職支援を行います。

受入先企業等の募集について

県内の企業、社会福祉法人、NPO法人などに委託し、その事業所現場で、作業実習を中心に訓練を行っていただくものです。

  • 訓練の実施に対し委託料を支払います。
  • 訓練生への賃金の支払いは必要ありません。
  • 訓練生の適性や能力を見極めることができ、有能な人材の確保ができます。

訓練の目的

  • 障がいのある方が、地域の多様な就労の現場で障がい者の職業訓練を受け、就労に必要な知識や技能を習得し、就職につながることを目的としています。

訓練対象者

  • 身体、知的又は精神障がい等のある方で、公共職業安定所に求職申込を行い、公共職業安定所長の受講指示等を受けた方

訓練人員

  • 一人から可能です。

訓練期間等

  • 訓練期間:標準3か月(1か月から最長6か月)
  • 訓練時間:標準月100時間(最低60時間)

委託料

  • 訓練時間に応じた額を支払います。

訓練中の事故

  • 訓練中又は通所途上のケガや、訓練中に誤って人にケガをさせたり、物を壊した場合に備え、訓練生は「職業訓練生総合保険」に加入しますので、安心して訓練ができます。

賃金等の支払い

  • 訓練生に対する賃金の支払いは必要ありませんが、交通費や食事代など実費の支給は差し支えありません。

応募方法

  • 受入れを希望される場合は、「障がい者委託訓練エントリーシート」を提出していただきますので、専門校までご連絡ください。

訓練開始までの流れ

1.「障がい者委託訓練エントリーシート」提出し、最寄りの公共職業安定所で求人申込をします。

2.専門校が、受講希望者とのマッチング調整を行います。

3.受講希望者と面接を行います。

4.訓練委託契約を結びます。

5.訓練を開始します。

★訓練期間中は、専門校のスタッフが訓練状況の確認や企業・訓練生の助言・サポートをします

訓練終了後

  • 職業訓練委託料請求書により、委託料をお支払します。
  • 訓練生の雇用については、訓練生の適性、能力を見て、判断していただきます。

お問い合わせ

経済労働部宇和島産業技術専門校

〒798-0027 宇和島市柿原甲1712 

電話番号:0895-22-3410

ファックス番号:0895-23-6550

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ