文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 仕事・産業・観光 > 雇用・労働 > 職業訓練 > 愛媛県立産業技術専門校 > 新居浜産業技術専門校のご案内(旧:新居浜高等技術専門校) > メタル技術科(溶接・金属加工の技術者の養成)(新居浜産業技術専門校)

ここから本文です。

更新日:2020年8月7日

メタル技術科(溶接・金属加工の技術者の養成)〔新居浜産業技術専門校〕

 

 

接施工(溶接・製缶・配管)における幅広い知識と溶接技能資格の習得を目指します。

大型構造物から精密部品まで、様々な分野に用いられるメタル(金属)素材。そこには、それらをつくり上げる技術者の存在があり、高いレベルの技術を身につけると、生涯活躍できるといわれています。
愛媛県の東予東部地域(新居浜、西条、四国中央)は、全国でも有数のものづくり産業が集積しており、メタル技術科では、高い加工技術を持って、地元の関連業界で活躍できるエンジニアを育成します。

 

メタル技術科の概要
課程 普通課程(若年者向け)
期間 2年
開始月 4月
定員 15名×2年
対象者 高卒者ほか
訓練生総合保険 必須
授業料(月額) 9,900円(年額118,800円)
自己負担概算額

50,000円※ 

 ※入校時の負担額(2年間の教科書代、教材費等)です。
  別途、追加で各種資格の検定料等を負担いただく場合があります。

 

メタル技術科の特徴

溶接技能者の技量は、溶接の対象となる構造物などの品質を左右する重要な要素であり、metal-2001
溶接技能者の資格は、構造物などの製作にあたり適用法規、発注仕様書などによって要求されています。

そこで、業界関係団体で、その技能に係る資格の取得を行っております。
日本溶接協会では、JIS、WESなどの検定試験規格に基き評価試験を行っております。

 本校では、溶接に係る技術・技能の習得を図り、溶接技能資格(基本・専門)の取得に取り組んでおります。 

 

充実したカリキュラムで、あなたを確実にプロの道へ導きます。

 溶接技術のスキルアップを図るとともに、施工・品質管理等の知識や関連技術を習得し、企業で求められる多様な技術に対応できる実践力を備えた技術者を育成します。 

  • 溶接技術スキルの向上及び施工管理知識等の習得
     多様な溶接技術力や管理能力を高めるため、豊富な実習時間を計画し、基本級から専門級までの幅広く高度な溶接スキルを身に付けるとともに、訓練生のレベルに応じた訓練を行っています。
  • 溶接関連技術等の習得
     企業現場で必要となるボイラー溶接技術、図面読解・製作・加工機による鋼材加工技術のほか、関連技術を習得するための訓練を行います。
  • 多様な作業環境への対応と実践力の強化
     就職を目指す鉄工機械関連企業で必要となる技術や作業環境は多様であるため、企業見学・関連企業でのインターンシップ等により、進路に応じた実践的な訓練を行います。

 

愛媛県溶接協会との連携について

本校では、愛媛県溶接協会と連携して、JIS検定(溶接技量評価試験)の会場となり、地域の溶接技術者の技術力の維持・向上にも取り組んでいます。 

【新居浜校でのJIS検定の実施状況】

年度

回数

受験者数

手溶接

半自動溶接

ステンレス溶接

その他

平成28年度

9

280

320

257

35

892

平成29年度

9

272

359

357

33

1,021

平成30年祖

9

272

411

330

50

1,063

令和1年度

9

210

294

315

60

879

本校訓練生の場合、こんなメリットもあります。

  • 訓練指導員は、標記評価試験の検定員でもあり、日ごろから標記評価試験合格に必要な適切な指導を受けることができます。 
  • 試験会場と同じところで訓練するため、落ち着いて試験を受けることができます。

 

女性の入校について

 溶接の現場では機械化、省力化が進んでおり、女性の進出が進んでいます。企業においても、機械系女子を求めています。 metal-2003
溶接は、資格を持つと、それに応じた仕事ができ、一度技術を覚えると、結婚、出産を経ても働け、
収入も他の業種と比べても多いとされています。

本校でも、過去にも入校者はいますし、今年度は2名の訓練生が在籍しています。


是非、本校に入校いただき、溶接業界への就職も、考えてみては、どうですか!!!
※溶接業界の女性の活躍状況については、日本溶接協会「溶接女子会」(外部サイトへリンク)のページをご覧ください。

 

訓練目標

metal-2002

 

  •  就職先企業において、基本となるさまざまな溶接技能資格者の資格取得(基本給・専門級)を目標としています。
    また、将来溶接施工にかかわる管理業務を遂行するために必要な「溶接施工管理技術者」の資格取得を目標としています。
  • 金属加工の基礎となる図面に関する知識・技術の習得を目指します。
  • 地元企業での職場実習体験により、就職後に必要な技術を把握することで専門資格の追加取得を目標とする向上心と就職意欲を育みます。

 

主な訓練内容 ※具体的な内容は、こちらを(PDF:173KB)ご覧ください。

 (アーク溶接、炭酸ガスアーク溶接、TIG溶接、溶接施工管理技術、CADトレース、産業ロボット操作、非破壊検査技術などの技能の習得)

学科

実習

  • 機械工学
  • 電気工学
  • 塑性加工
  • 製図
  • 溶接法
  • 特殊溶接法
  • 溶接施工管理
  • 品質保証管理等
  • 機械操作基本実習
  • 溶接基本実習
  • アーク溶接特別教育
  • 熱切断基本実習
  • CAD基本実習
  • 製缶・配管実習
  • 保全技能実習等

 

目指せる職種

各種溶接技能者、ボイラー溶接士、製缶士、プラントメンテナンス、造船工、溶接施工管理者

取得できる資格

修了時に取得可能な資格
(修了試験・訓練受講により取得可能なもの)

訓練カリキュラムにおいて受検指導している資格

取得目標資格
(資格取得に対応できる内容の訓練実施)

  • アーク溶接特別教育修了証
  • ガス溶接技能講習修了証
  • 自由研削砥石特別教育修了証
  • 溶接技能者資格
    (JIS適用規格)(学科試験免除)
  • 普通ボイラー溶接士

 

溶接技能者評価試験などでの合格状況 (過去5年間分)

アーク溶接

A-2F/V/H/O
N-2F/V/H/O/P
A-3F/V
N-3F/V/H/P

半自動溶接

SN-1F
SA-2F/V/H
SN-2F/V/H
SA-3F/V
SN-3F/V

TIG溶接

TN-F/V/P
T-1F/P
C-2F/P

その他

普通ボイラー溶接士

溶接技能者については、日本溶接協会で紹介するホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

 

主な就職先

  • 住友ケミカルエンジニアリング(株)
  • 住友金属鉱山エンジニアリング(株)
  • 東亜外業(株)
  • フジケンエンジニアリング(株)
  • (株)東新製作所
  • 三好鉄工所(株)
  • 四国鉄鋼(株)

愛媛県内外のものづくり業界で活躍しています。

 

関係団体について

日本溶接協会(外部サイトへリンク) 

 

その他の情報について

新居浜産業技術専門校のページに戻る。

 新居浜産業技術専門校へ入校手続きや学校生活等に係る情報については、こちらのページをご覧ください。

 

愛媛県立産業技術専門校のページに戻る。

 愛媛県内の産業技術専門校に係る情報については、こちらのページをご覧ください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経済労働部新居浜産業技術専門校

〒792-0060 新居浜市大生院1233-2 

電話番号:0897-43-4123

ファックス番号:0897-41-9880

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ