close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2020年8月3日

はかりの定期検査

定期検査とは

取引又は証明行為に使用される計量器は、製造時に正確なものであっても、その精度を永く持続することは不可能です。

そのため、計量法では定期検査制度を設け、取引又は証明行為に使用される計量器が一定の基準に適合しているかどうかを定期的に検査し、不良になった計量器を排除することで、適正な計量の実施を確保しております。

また、はかりの定期検査の検査周期は2年に1度(皮革面積計は1年)となっております。

 

定期検査の対象になる計量器

取引又は証明行為に使用する計量器のうち、次の計量器が定期検査の対象となります。

1.非自動はかり、分銅及びおもり

非自動はかりとは、物を静止状態において計量するはかりのことをいい、一般的に「はかり」と呼ばれるものを指します。

(定期検査の対象となる計量器の例)

  • 商店・スーパーなどで肉や魚など商品の販売に使用するはかり
  • 医療機関・薬局などで薬の調剤に使用するはかり
  • 医療機関・学校・福祉施設などで健康診断に使用するはかり
  • 医療機関・学校・福祉施設などで給食等検収に使用するはかり
  • 庭先販売・行商に使用するはかり

2.皮革面積計

 

はかりの定期検査に合格すると

  • 定期検査済証(シール)を貼付します。

はかりの定期検査に不合格になると

はかりの定期検査の結果、基準に適合しないはかりは、取引又は証明行為に使用することが出来る証である検定証印又は基準適合証印が抹消され、そのはかりは取引又は証明行為に使用出来なくなります。

再度、取引又は証明行為に使用するためには、都道府県知事に製造又は修理事業の届出をした事業者により修理をうけた後に、都道府県知事の行う検定に合格する必要があります。

愛媛県への届出修理事業者(非自動はかり)(PDF:134KB)

 

検定証印及び基準適合証印

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経済労働部計量検定所

〒790-0003 松山市三番町8-234 生活保健ビル内 

電話番号:089-947-4001

ファックス番号:089-943-2179

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ