close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 仕事・産業・観光 > 商工業 > すご味、すごモノ、スゴ技 > 需給逼迫時の不織布マスクの県内優先供給に係る協定の締結について

ここから本文です。

更新日:2020年11月26日

需給逼迫時の不織布マスクの県内優先供給に係る協定の締結について

新型コロナウイルス感染症拡大等による今後の不織布マスクの需給逼迫時に備えて、県内で生産される不織布マスクが県内に優先供給される体制を作るため、愛媛県知事、市長会会長、町村会会長及び県内マスク生産企業3社の代表者は、以下のとおり協定を締結しました。

1.協定の名称

不織布マスクの需給逼迫時における県内優先供給に関する協定

2.協定締結者

  • 愛媛県知事 中村時広
  • 愛媛県市長会 会長 石川勝行(新居浜市長)
  • 愛媛県町村会 会長 稲本隆寿(内子町長)
  • 以下の県内マスク生産企業3社(不織布マスク生産設備導入支援事業費補助金(県事業)の採択企業)

協定締結企業

企業名 代表者 住所
カミ商事株式会社 代表取締役社長 井川博明 四国中央市三島宮川1丁目2番27号
山陽物産株式会社 代表取締役 武内英治 伊予市三秋180番地2
大黒工業株式会社 代表取締役 石川忠彦 四国中央市中曽根町1593番地

3.協定の概要

  1. 県内においてマスクの需給が逼迫する場合、県はマスク生産企業に対し、マスクの県内への優先供給を要請できる。
  2. マスク生産企業は、上記要請を受けたときは、県にマスクの優先供給の計画を報告し、適正価格にて供給する。
  3. 県は、市町及びマスク生産企業と調整を行い、県、市町又は県内の医療機関、社会福祉施設、小売店等に対して、円滑にマスクが供給されるよう努める。

4.協定締結日

令和2年11月26日木曜日

お問い合わせ

経済労働部産業政策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2460

ファックス番号:089-912-2259

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ