• 循環器疾患への貢献

    愛媛県・愛媛大学・ノバルティス ファーマ
    産官学連携プロジェクト

  • 愛媛県は
    心不全によって苦しむ人の割合が
    日本一かもしれません。

    心不全は、心臓のポンプの働きが低下したために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪化し、生命を縮める病気です(*1)。超高齢化が進む近年の日本においては、患者数が2020年には120万人、2030年には130万人まで増加すると推計されており(*2)、また、入退院を繰り返しながらQOLが低下していくため、予後は悪く、慢性化し、結果的に介護、医療経済の観点で大きな社会負担となっています(*3)。愛媛県では女性心不全死亡率が全国1位、男性心不全死亡率2位という状況にあり(*4)、心不全に関わる対策が近々の課題となっており、本産官学連携を通じてこれら問題の改善に取り組んでまいります。

    引用
    *1日本循環器学会/ 日本心不全学会合同ガイドライン: 急性・慢性心不全診療ガイドライン(2017年改訂版)
    *2Okura Y, Ramadan MM, Ohno Y, et al. (2008) Impending epidemic: future projection of heart failure in Japan to the year 2055. Circ J; 72(3):489-91.
    *3公益財団法人日本心臓財団ウェブサイト「高齢者の心不全」より
    <https://www.jhf.or.jp/check/heart_failure/>
    *4e-Stat(政府統計の総合窓口)人口動態統計特殊報告 / 平成27年 都道府県別年齢調整死亡率

    心不全に愛媛県が
    産官学で挑む!

    心不全及び高血圧を中心とする
    循環器病対策

    愛媛県、愛媛大学、ノバルティス ファーマが、相互に連携及び協力し、心不全及び高血圧を中心とする循環器病対策(以下、当該循環器病対策)を実施することにより、「愛媛県民の健康寿命の延伸」「当該循環器病に関連する死亡率の低下」「当該循環器病入院の抑制を通じた各患者の医療費の適正化」を実現することを目的として実施してまいります。

    市役所、学校、病院など
    愛媛県各地に
    ポスター掲示予定!

    みきゃん