文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 健康啓発 > 栄養成分表示の見方

ここから本文です。

更新日:2018年1月13日

栄養成分表示の見方

栄養表示基準とは:肥満や糖尿病、高血圧症など生活習慣病が増加していますが、これらは食生活と密接な関係にあることから食を通じた健康づくりの必要性が高まっています。

こうしたことを背景に、食品に栄養表示をする時のルールをつくり、だれもが食品を選択する上で適切な栄養情報が得られることを目的に「栄養表示基準」が導入されています。

栄養成分の表示内容

(例)

栄養成分表示(1枚10g当たり)

熱量

kcal

たんぱく質

g

脂質

g

炭水化物

g

食塩相当量

g

▲▲▲ 

g

  • 栄養成分表示は100gあたりまたは100mlあたり、1食分あたりなどで表示されているので注意してください。
  • (1)熱量(エネルギー)、(2)たんぱく質、(3)脂質、(4)炭水化物、(5)食塩相当量は必ずこの順番に表示されます。
    ▲▲▲は、その他に表示された栄養成分、例えば、食物繊維、カルシウム、ビタミンCなどです。

食品を選んだり、食べるときに栄養成分がどのくらい入っているのか栄養成分表示を上手に活用しましょう。

栄養成分が「含む、あるいは多い」ことを強調する表示

たんぱく質、食物繊維、亜鉛、カリウム、カルシウム、鉄、銅、マグネシウム、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、葉酸について「高」、「多い」、「豊富」、「たっぷり」等高いこと、また、「入り」、「含有」、「使用」、「添加」等含むことを表示する場合は、基準値以上の含有量であることが決められています。

例:「カルシウム強化」「ビタミンC入り」

栄養成分の量が「含まない、あるいは少ない」ことを強調する表示

熱量、脂質、飽和脂肪酸、コレステロール、糖類、ナトリウムについて「無」、「ゼロ」、「ノン」、「レス」などその栄養成分を含まないこと、また、「低」、「ひかえめ」、「ライト」、「ダイエット」などその栄養成分が少ないことを表示する場合は、基準値に該当することが決められています。

例:「無糖」「低糖」「ローファット」等

他の食品と比較して栄養成分が「多い」「少ない」という表示

「〇%強化又は減」、「アップ」、「プラス」、「オフ」、「カット」など他の食品と比べて栄養成分が多い、又は少ないという表示で、どの位の増加割合、低減割合なのかを表示します。

例:「○○に比べて熱量25%カット」等

一つ前に戻る

お問い合わせ

保健福祉部健康増進課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2400

ファックス番号:089-912-2399

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ