close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2021年9月16日

新型コロナワクチンの接種について

<掲載項目一覧>(※クリックで掲載箇所に移動します。)

  1. よくある質問(出典:厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A)
  2. ワクチン接種の流れ、効果、副反応などについて
  3. ワクチンの副反応疑い報告について
  4. ワクチンに関する相談窓口について
  5. 職域接種について
  6. 新型コロナウイルスワクチン接種に関する詐欺にご注意ください
  7. 国からの通知等
  8. 過去のお知らせ(プレスリリース)一覧
  9. 関連リンク

アストラゼネカ社ワクチン接種会場を開設しました

予約期間は終了しました。

詳しくはこちらをご覧ください。

アストラゼネカ社ワクチンの接種について

1.よくある質問(出典:厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A)

〇トピック

Q:私は妊娠中・授乳中・妊娠を計画中ですが、ワクチンを接種することができますか。

A:妊娠中、授乳中、妊娠を計画中の方も、ワクチンを接種することができます。mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンが妊娠、胎児、母乳、生殖器に悪影響を及ぼすという報告はありません。

 

Q:ワクチンを受けた後の発熱や痛みに対し、市販の解熱鎮痛薬を飲んでもよいですか。

A:ワクチンを受けた後の発熱や痛みに対し、市販の解熱鎮痛薬で対応いただくことも考えられますが、特に下記のような場合は、主治医や薬剤師にご相談ください。

  • 他のお薬を内服している場合や、妊娠中、授乳中、ご高齢、胃・十二指腸潰瘍や腎機能低下など病気治療中の場合(飲める薬が限られていることがあります。)
  • 薬などによりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある場合
  • 激しい痛みや高熱など、症状が重い場合や、症状が長く続いている場合
  • ワクチン接種後としては典型的でない症状がみられる場合

 

Q:SNSやニュースでコロナワクチンが危険と取り上げられていて不安です。どの情報を信じたらいいのでしょうか。

A:できるだけ、公的機関からの情報を確認しましょう。

 

Q:新型コロナワクチンの接種が原因でたくさんの方が亡くなっているというのは本当ですか。

A:日本において、新型コロナワクチンの接種が原因で亡くなった方がいるという事実は確認されていません。

  • 新型コロナワクチンを含むあらゆるワクチンは、大規模な臨床試験で安全性が確認された後に承認されています。

 

Q:ワクチン接種後、生活上で注意することはありますか。

A:ワクチンを接種した後は、接種部位の痛みが出たり、倦怠感、発熱、頭痛や関節痛などが生じることがあります。できるだけ接種当日・翌日に無理をしないですむように予定を立てておくとよいでしょう。

 

Q:ワクチンを接種した後も、マスクは必要ですか。

A:ワクチンを接種した方から他人への感染をどの程度予防できるかはまだ分かっていません。引き続き、皆さまに感染予防対策を継続していただくようお願いします。

 

〇その他

Q:今回のワクチン接種の「努力義務」とは何ですか。

A:「接種を受けるよう努めなければならない」という予防接種法の規定のことで、義務とは異なります。感染症の緊急のまん延予防の観点から、皆様に接種にご協力をいただきたいという趣旨から、このような規定があります。

 

Q:新型コロナワクチンの接種を望まない場合、受けなくてもよいですか。

A:接種は強制ではなく、あくまでご本人の意思に基づき接種を受けていただくものです。

 

その他のQ&Aについては、厚生労働省のHP:新型コロナワクチンQ&Aをご覧ください。

https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/all/(外部サイトへリンク)

2.ワクチン接種の流れ、効果、副反応などについて

新型コロナウイルスワクチン接種の流れ、効果、副反応などについて、分かりやすくまとめられていますのでご覧ください。

この資料は、ファイザー社製ワクチン及びモデルナ社製ワクチンに関することについて記載しているものです。資料の改変はご遠慮ください。

(1)発行・監修 厚生労働省

pfizer1 moderna1

(2)発行・監修 長野県新型コロナウイルスワクチン接種アドバイザーチーム(2021年4月発行/2021年6月改定)

pfizer2 moderna2

(3)【ファイザー社・武田/モデルナ社】新型コロナワクチン接種後の副反応への対応方法(2021年9月9日版)

vaccine_sidereaction_1

3.ワクチンの副反応疑い報告について

医療機関から独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)に『新型コロナワクチンの接種後の副反応疑い』として報告がなされたものは、因果関係が不明な場合も含めて、副反応を疑う事例として広く収集し、評価の対象とされています。

全国の副反応疑い報告の状況については、厚生労働省ホームページ厚生科学審議会(予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会)(外部サイトへリンク)をご覧ください。

4.ワクチンに関する相談窓口について

(1)新型コロナワクチンに関する厚生労働省の電話相談窓口(コールセンター)

新型コロナワクチンに関する厚生労働省の電話相談窓口です。

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)

受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

(2)新型コロナワクチン接種に関する市町コールセンター

新型コロナワクチン接種に関する一般相談や、接種予約が行えますので、詳細は各市町にお問い合わせください。

市町コールセンター一覧
市町名 受付時間 電話番号 FAX番号
平日 土曜日 日曜日 祝日
松山市 8時30分~20時00分 8時30分~20時00分 8時30分~20時00分 8時30分~20時00分 089-909-3353 089-948-8022
今治市 9時00分~19時00分 9時00分~19時00分 9時00分~19時00分 9時00分~19時00分 0570-005-108 0898-36-1631
宇和島市 9時00分~17時00分       0570-00-0389  
八幡浜市 9時00分~17時00分       0570-00-0835 0894-24-6652
新居浜市 8時30分~19時00分 8時30分~19時00分 8時30分~19時00分 8時30分~19時00分 0120-040-439  
西条市 9時00分~19時00分 9時00分~19時00分 9時00分~19時00分 9時00分~19時00分 0570-031-105  
大洲市 9時00分~17時00分       0570-66-6058  
伊予市 9時00分~19時00分 9時00分~19時00分 9時00分~19時00分 9時00分~19時00分 089-909-3205  
四国中央市 9時00分~19時00分 9時00分~17時00分     0570-057-089  
西予市 9時00分~17時00分       0570-55-0162  
東温市 9時00分~17時00分       0570-00-1154  
上島町 9時00分~17時00分       0570-78-3821  
久万高原町 8時30分~17時15分       0892-21-0050  
松前町 9時00分~18時00分       089-909-3253  
砥部町 9時00分~19時00分       089-948-8308 089-993-8141
内子町 9時00分~17時00分       0570-78-3548  
伊方町 9時00分~17時00分       0570-78-3862  
松野町 9時00分~17時00分       0570-66-6980  
鬼北町 8時30分~17時00分       0120-006-893  
愛南町 9時00分~18時00分       0895-73-7400  

(3)新型コロナワクチン接種後に関する県コールセンター

令和3年3月1日から新型コロナウイルスワクチン接種に係る副反応等の専門的な相談に対応するコールセンターを設置し、24時間で相談をお受けしています。

緊急を要する場合は、お近くのかかりつけ医や救急医療機関にご相談ください。

  • 電話番号:0120-567-231(フリーダイヤル/24時間)
  • FAX:050-3852-3213(平日9時00分~17時00分)

こちらの番号では、ワクチン接種の予約はできません。ワクチン接種の予約については、各市町コールセンターへお問い合わせください。

なお、FAXは聴覚に障害がある方をはじめ、お電話でのご相談が難しい方を対象としています。17時00分直前の相談には、翌日又は翌週明けの回答になりますので、予めご了承ください。

参考:国・県・市町のコールセンターの役割について(PDF:160KB)

コールセンター相談実績
月別相談件数 相談内訳(割合)
相談件数 副反応 ワクチン全般 忌避事項 その他
3月 98件 49件(50.0%) 17件(17.3%) 7件(7.1%) 25件(25.5%)
4月 519件 136件(26.2%) 19件(3.7%) 20件(3.9%) 344件(66.3%)
5月 816件 393件(48.2%) 78件(9.6%) 63件(7.7%) 282件(34.6%)
6月 2,892件 2,121件(73.3%) 198件(6.8%) 281件(9.7%) 292件(10.1%)
7月 3,459件 2,951件(85.3%) 126件(3.6%) 86件(2.5%) 296件(8.6%)
8月 2,688件 2,318件(86.2%) 117件(4.4%) 43件(1.6%) 210件(7.8%)
合計 10,472件 7,968件(76.1%) 555件(5.3%) 500件(4.8%) 1,449件(13.8%)

四捨五入のため、割合の合計は100%にならない場合がある。

【相談内容】

  • 副反応・・・副反応に関する事前相談、接種後の体調不良等
  • ワクチン全般・・・ワクチンの成分、副反応の発現率等
  • 忌避事項・・・内服薬の飲み合わせ、他のワクチンとの併用接種等
  • その他・・・市町のワクチン接種のスケジュール・実施会場の問い合わせ、ワクチン接種申込書類への質問等

5.職域接種について

職域接種に関する相談窓口について

企業や大学等において、職域(学校等を含む)単位でワクチンの接種が可能となり、県では職域接種の実施を希望される県内企業等の皆様の相談にお応えするため、専用の相談窓口を設置しました。

6月25日(金曜日)17時から職域接種の受付がいったん休止されました。受付再開の連絡がありましたらお知らせします。

 

職域接種に関する相談窓口(職域接種支援チーム)

  • 設置日:令和3年6月14日(月曜日)
  • 受付時間:8時30分~17時15分(土日祝日を除く)
  • 電話番号:089-912-1000(相談専用内線:5987、5988)

相談内容

  • 制度のご案内
  • 申請要件に関する相談(人数等)
  • 実施に向けての注意事項等

職域接種の概要(出典:厚生労働省資料)

  • 使用するワクチン

武田/モデルナ社製ワクチンを使用します。

  • 開始時期

令和3年6月21日(月曜日)から開始となります。

  • 接種会場、医療従事者の確保

自治体による高齢者等への接種に影響を与えないよう、接種に必要な会場や医療従事者等は企業や大学等が自ら確保していただくことになります。

  • 実施形態

〇企業単独で実施

〇中小企業が商工会議所等を通じて共同実施

〇企業が取引先も対象に含めて実施

〇大学等が学生も対象に含めて実施すること

などが可能です。

接種順位

職域接種の対象者の中で、優先順位を踏まえ、高齢者や基礎疾患を有する者を優先的に接種します。

接種券

接種券が届く前でも接種可能です。接種券が発送された後は、企業や大学等において本人から回収して予診票に添付し、請求等を行います。

 

参考資料(厚生労働省資料)

関連リンク

厚生労働省HP 職域接種に関するお知らせ

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_shokuiki.html(外部サイトへリンク)

6.新型コロナウイルスワクチン接種に関する詐欺にご注意ください

他県において、保健所や自治体職員等を装い「予約金を振り込めば、ワクチンを優先的に接種できる」「接種のために10万円がかかる」と金銭を要求する不審電話が確認されています。

[ポイント]

  • ワクチンの接種は無料です。
  • 保健所や自治体、製薬会社が、ワクチン接種の予約のために金銭を要求することはありません。
  • 不審な電話やメールがあれば、自治体や警察に相談してください。

7.国からの通知等

(1)自治体向け

〇第1回新型コロナウイルスワクチン接種体制確保事業に関する自治体向け説明会(令和2年12月18日)

〇第2回新型コロナウイルスワクチン接種体制確保事業に関する自治体向け説明会(令和3年1月25日)

〇第3回新型コロナウイルスワクチン接種体制確保事業に関する自治体向け説明会(令和3年2月17日)

〇第4回新型コロナウイルスワクチン接種体制確保事業に関する自治体向け説明会(令和3年3月12日)

〇第5回新型コロナウイルスワクチン接種体制確保事業に関する自治体向け説明会(令和3年4月12日)

〇第6回新型コロナウイルスワクチン接種体制確保事業に関する自治体向け説明会(令和3年5月25日)

〇第7回新型コロナウイルスワクチン接種体制確保事業に関する自治体向け説明会(令和3年7月30日)

〇新型コロナウイルスワクチン接種体制確保事業に関する都道府県向け説明会(令和3年1月15日)

〇アストラゼネカ社ワクチンの接種・流通体制の構築に係る都道府県向け説明会(令和3年8月4日)

医療従事者等への新型コロナウイルス感染症に係る予防接種を行う体制の構築について(令和3年1月8日付け厚生労働省健康局健康課長)(PDF:1,828KB)

新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施に関する手引き(4.0版)(PDF:4,853KB)

接種順位が上位に位置づけられる医療従事者等の範囲について(令和3年2月16日)(PDF:318KB)

 

(2)医療機関向け

新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施に関する医療機関向け手引き(4.0版)(PDF:6,928KB)

医療従事者向け優先接種を希望される方で、県や医師会等から接種に関する連絡を受けていない場合は、愛媛県ワクチン班までお問い合わせください。

 

(3)高齢者施設向け

8.過去のお知らせ(プレスリリース)一覧

新型コロナウイルスワクチン接種に関するプレスリリースは以下のとおりです。

9.関連リンク

新型コロナウイルスワクチンの詳細は、厚生労働省のホームページでご覧になれます。

新型コロナワクチンについて(外部サイトへリンク)

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康増進課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2400

ファックス番号:089-912-2399

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ