close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 感染症情報 > HIV感染防止のための予防薬の配置について

ここから本文です。

更新日:2023年8月17日

HIV感染防止のための予防薬の配置について

 愛媛県では、県内の医療機関等において医療従事者が針刺し事故等により、HIVに感染した血液等の感染性体液に曝露した場合、迅速かつ適切にHIV感染の予防を図るための対応ができるよう、県内3か所(東予・中予・南予1か所ずつ)の医療機関に抗HIV予防薬を配置しています。
 県内の医療機関等において、HIV感染の恐れがある事故が発生した場合は、「愛媛県HIV感染防止のための予防薬配置要領」に従い、抗HIV薬配置病院に交付依頼書を提出することによって、抗HIV予防薬の提供受けることができます。

抗HIV薬配置病院一覧

 抗HIV薬は、次の3病院に配置しています。

 

医療圏

医療機関名

所在地

連絡先

東予

県立新居浜病院

新居浜市本郷3-1-1

0897-43-6161

中予

県立中央病院

松山市春日町83

089-947-1111

南予

市立宇和島病院

宇和島市御殿町1-1

0895-25-1111

配置抗HIV薬一覧

 抗HIV薬は、次の2種類を配置しています。

 

薬 品 名

数 量

デシコビ配合錠HT

30錠/病院

アイセントレス錠 400mg

60錠/病院

交付手続きの流れ

 抗HIV薬の交付手続きは、「愛媛県HIV感染防止のための予防薬の配置要領」に基づいて次のとおり行います。
 まずはフローチャートの内容を確認後、交付を依頼する場合は次のとおり手続きを行ってください。

  1. 抗HIV薬交付依頼書(別紙1)を提出

    医療事故のあった医療従事者を有する医療機関等から、抗HIV薬設置病院に連絡し、交付依頼書を提出する。
    依頼する薬の量は、専門医を受診するまでの必要量(3日分を目途とする)。
     
  2. 交付の診査

    抗HIV薬配置病院にて、当該依頼書の内容について審査を行う。
     
  3. 抗HIV薬の交付

    適当と認められた場合は、直ちに抗HIV薬を交付してもらい、必要に応じて抗HIV薬服用方法と注意事項をアドバイスしてもらう。
    被曝露者は、注意事項に従って服用後、エイズ治療拠点病院の専門医を受診して服用継続の判断を仰ぐ。

実施要領・様式・フローチャート等

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康増進課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2400

ファックス番号:089-912-2399

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ