close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2022年5月31日

自宅療養をされる皆様へ

 新型コロナウイルス感染症の検査で陽性であった方のうち、無症状または症状が軽く入院の必要がない方について、自宅での療養をお願いしています。
 自宅療養される方への情報をまとめていますので、参考にしてください。

はじめに

  • 感染拡大防止のため、自宅から外出しないでください。
  • ご家族など同居の方も、生活上必要な外出を除き、不要不急の外出は控えましょう。
  • 外部からの不要不急の訪問者は受け入れないようにしましょう。

自宅療養中の健康観察について

  • 療養中は毎日、1日2回、体温測定などご自身の健康状態の観察を行ってください。
  • パルスオキシメーター(指に装着し、血液中の酸素飽和度を測ることのできる機器)は保健所から貸し出します。
    健康観察期間が終わり次第、速やかに保健所に返却をお願いします。
  • 健康観察は、保健所又は受託医療機関から電話連絡による確認、スマートフォン等からの入力、自動音声案内での電話入力の方法があり、自宅療養される方の状況に応じて決定されます。健康観察の方法については、別途保健所からお伝えします。
  • 下記のような緊急性の高い症状がある場合は、すぐに保健所へ連絡してください。

     緊急

療養中の注意事項について(感染拡大防止のために)

部屋を分けましょう

  • ご本人専用の個室を用意しましょう。難しい場合は、同室内の全員がマスク(サージカルマスクなど)を着用し、十分な換気を行いましょう。
  • ご本人は、自宅内でもできるだけ居室から出ずに、必要最小限の行動にとどめてください。
  • タオルやシーツなどのリネン類、食器などの身の回りのものはご本人専用とし、同居の方との共用は避けてください。
  • 洗面所やトイレなど、共用する場合は、十分な清掃と換気を行い、お風呂の順番はご本人が最後にしましょう。

陽性者のお世話はできるだけ限られた方にしましょう

  • 同居の方がご本人のケアを行う場合、特定の方が行うようにしてください。ケアを行う方は、基礎疾患のない健康な方が望ましいです。
  • ケアを行う場合、ケアを行う方もご本人もどちらもサージカルマスク等を着用しましょう。
  • 体を拭いたり、排泄物・体液に触れる可能性があるときは、マスクに加えて、使い捨てのエプロンや手袋(プラスチック製など)を使用しましょう。
  • マスク外側の面、鼻や口などに手で触れないように注意しましょう。
  • 部屋を出たらすぐに手を洗いましょう。

こまめに手を洗いましょう

  • こまめに石けんで手を洗いましょう。洗い終わったら、ペーパータオルや自分専用のタオルで水分をよくふき取りましょう。(タオルの共用をしないように注意してください。)
  • いつでも手指を消毒できるように、消毒用アルコールを準備しておきましょう。

     正しい手の洗い方(厚生労働省リーフレット)(PDF:587KB)

手で触れる共有部分を消毒しましょう

  • 窓を開け、換気を行いながら消毒を行いましょう。
  • 共有部分(部屋のドアノブ、洗面台、トイレのレバー等)は、薄めた市販の家庭用塩素系漂白剤(濃度0.05%)で拭いた後、必ず水拭きしましょう。
  • 消毒はスプレーや噴霧ではなく、拭き取りで行います。
  • トイレや浴室は、使用の都度、住居用洗剤で掃除をしましょう。

     「新型コロナウイルス対策 身のまわりを清潔にしましょう。」(厚生労働省リーフレット)(PDF:564KB)

汚れたリネンや衣服を洗濯しましょう

  • 衣類やリネン等は通常の洗濯用洗剤で洗濯し、しっかりと乾かしましょう。
  • 衣類や布団カバーに、下痢や嘔吐などの体液がついている可能性がある場合は、80℃・10分間熱湯消毒をしてから、通常の洗濯を行います。
    ※熱湯消毒する際には、やけどに気を付けましょう。

ごみは密閉して捨てましょう

  • 鼻水などが付いたマスクやティッシュなどのごみを捨てる場合、「ごみに直接触れない」、「ごみ袋はしっかりしばって封をする」
    そして「ごみを捨てた後は手を洗う」ことを心がけましょう。
  • ごみが袋の外に触れた場合は、ごみ袋を二重にしてください。

     ご家庭でのごみの捨て方(環境省リーフレット)(PDF:530KB)

自宅療養解除の基準について

 自宅療養解除の基準については次のとおりです。
 療養解除日については、保健所から個別にご連絡します。療養解除日(最終日)までは自宅療養を継続してください。

 【症状がある場合】
   発症日(0日)から10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した場合

   有症状

 【症状がない場合】
   検体採取日から7日間経過した場合

 

   無症状

家族が新型コロナウイルスに感染した時に注意したいこと

 

 家族が感染

   家族が新型コロナウイルス感染した時に注意したいこと(厚生労働省リーフレット)(PDF:404KB)

お子さまが新型コロナウイルスに感染した際の対応について

 

 お子さまが感染

   お子さまが新型コロナウイルスに感染した際の対応について(厚生労働省リーフレット)(PDF:414KB)

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康増進課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2402

ファックス番号:089-912-2399

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ