文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 健康啓発 > 熱中症に注意しましょう

ここから本文です。

更新日:2017年7月28日

熱中症に注意しましょう

熱中症は、死にも至る場合がありますが、予防方法を知っていれば防げます。

次の事項に注意をして、熱中症にならないよう注意しましょう。

熱中症とは

高温多湿の環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体内の調整機能が破綻するなどして、発症する障害の総称です。

めまい、失神、筋肉の硬直(こむら返り)などにはじまり、重症例では意識障害や手足の運動障害などがみられ、場合によっては死に至ることもあります。

特に、体温調節能力が低下している高齢者や、体温調節機能が十分に発達していない子どもは注意して見守るようにしましょう。

また、高血圧、心臓病、糖尿病などの病気のある人や体調がよくないときなども注意が必要です。

熱中症を防ぐためには

  • 水分をこまめにとりましょう。また、たくさん汗をかいたら塩分の補給も忘れずに。
  • こまめに休憩しましょう。
  • 外出時は帽子をかぶる・日傘をさすなど、直射日光に当たらないようにしましょう。
  • 屋内にいる場合も、エアコンや扇風機を使い、室内温度が28度を超えないよう注意しましょう。
  • 涼しい服装にしましょう。

熱中症かな?と思ったら!

熱中症かなと思ったら、次のような対応をとりましょう。

  • 風通しの良い日陰や、できれば冷房の効いた室内などに避難させましょう。
  • 衣服をゆるめて、体から熱の放散を助けましょう。
  • 冷たい水や冷やしたタオル等があれば、それを頚部や脇の下、足の付け根に当てて、体を冷やしましょう。
  • 早めに医療機関を受診しましょう。
  • 自分で水が飲めるようであれば、水分や塩分を補給させましょう。ただし、意識障害などがあり、自力で飲めそうにない場合には無理に水分補給をさせないでください。
  • 自力で水分等の摂取ができないときなど、症状が重い場合は、緊急で医療機関に搬送することが最優先の対処方法です。

熱中症について、より詳しい情報は、次のホームページをご覧ください。

 

お問い合わせ

保健福祉部健康増進課 健康政策係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2401

ファックス番号:089-912-2399

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ