close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 知事 > ようこそ!愛媛県知事室へ > 知事記者会見録 > 全国知事会新型コロナウイルス緊急対策本部(第19回)後の知事共同取材の要旨について

ここから本文です。

更新日:2021年4月7日

全国知事会新型コロナウイルス緊急対策本部(第19回)後の知事共同取材の要旨について

日時:令和3年4月4日(日曜日)11時10分~11時16分

場所:知事会議室

 

 

(愛媛朝日テレビ(幹事社))

 それでは共同取材を始めます。まず冒頭に、知事から記者発表があるということですのでよろしくお願いします。

 

(知事)

 実はですね、まだちょっと全体像の数字を集計しているところなので、今日の感染のご報告については、この後、(午後)3時から臨時記者会見でさせていただきたいと思います。ただ、だいたい集約できたら言おうと思ったんですけれども、一応、人数だけ。昨日の感染者の人数は29名ということでございます。それだけお知らせさせていただきます。詳細については後ほどの臨時会見でお話しいたします。

 

(愛媛朝日テレビ(幹事社))

 その他、全国の知事会議について質問がある社があればお願いします。

 

(愛媛朝日テレビ)

 愛媛朝日テレビからです。明日から大阪、兵庫、宮城でまん延防止等重点措置が適用されることになりましたが、県内での適用の可能性についていかがお考えでしょうか。

 

(知事)

 今の段階では要請する状況ではないと思っています。もちろん最終カードとしてですね、さらなる状況になったときには考えますけども、今、人数、昨日も申し上げたんですが、ちょっと大阪の状況とは違うと思います。というのは、今の段階、愛媛県、ほぼ元のクラスターの発生源、「繁華街クラスター」については、ほぼ抑え込みに向けての作業が終盤を迎えている状況です。現在対処すべきはここから派生した二次感染、そして三次感染、そしてもう一つは、県外由来も含めた散発的な陽性の新規、こういったところの対応を事例ごとに追い掛けていくという、そういう作業でございます。繁華街の一番のまん延の可能性が高いところ、臨時のPCR検査センターの開設によって、だいたい状況が見えてきていますし、来週からは一般の飲食店にも拡大をいたしますので、そういう段階であるというふうなことを踏まえると、今は申請する段階ではないというふうに思っています。

 

(読売新聞)

 読売新聞です。先ほどのやり取りの中で、やはり変異株だと急速に拡大が見込まれますので、退所基準、2度の陰性確認、これをやっていると病床が逼迫(ひっぱく)する可能性もあるので、事実確認をした上で国に対処を求めておられましたけれども、それはもちろん県内の状況も踏まえて提言されていると。

 

(知事)

 そうですね。それともう一点が変異株で、ちょっと「繁華街クラスター」という特殊要因があるので、一気にといったことがあるんですけど、そう体験している都道府県はありませんから、そういう意味では、まだ変異株の感染力実感がないと思うんですね。そういう意味で、今まさに向き合っている立場としての提言として盛り込ませていただきました。それと、どうも国の発表を聞いていると、変異株については、それまでは入院全部。それから療養もOK。場合によっては自宅療養も認めるというふうなことをやっと昨日言い始めたぐらいのペースですから、やっぱりそこで、現場の状況というものの実態を把握できてないとは言いませんけども、ちょっと甘すぎるんじゃないかなと、ペースを見ているとですね。そんなふうなことを感じましたので、今日はあえて提言させていただきました。

 

(愛媛朝日テレビ)

 愛媛朝日テレビの津村です。繰り返しになるかもしれませんが、変異株の対応を決めてもらいたいということを提言されていましたが、具体的にいうとどのようなことが挙げられますか。

 

(知事)

 そうですね、まだ正体が分からないとそうせざるを得ないのは十分分かります。それは、従来株のときも当初はそうでした。2週間入院、そして2回の検査、同じなんですよ。それで対応していたんですが、だんだんだんだん分かってきた上で、退所基準が大幅に変更されて、10日経ったらというふうなルールに変わりました。それ以前でも、PCR検査で陰性が確認されれば退所OKというふうなことで、大丈夫だという専門家の知見の集約の下に判断が下されました。同じようにですね、もう変異株から1カ月、変異株が確認されてから相当経ってますので、専門家の皆さんもそろそろ、その従来株と同様にこの変異株についても正体が少しづつ分かってきていると信じたいんですよ。それに基づいて専門家によって十分議論していただいて、この基準で大丈夫だという着地点を、変異株においても早く見つけてほしいというふうに思っています。

 

(愛媛朝日テレビ(幹事社))

 その他質問いかがでしょうか。では以上で終わります。

 

(知事)

 はい、どうもありがとうございました。

 

お問い合わせ

保健福祉部保健福祉課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2380

ファックス番号:089-921-8004

保健福祉部健康増進課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2400

ファックス番号:089-912-2399

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ