文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 知事 > ようこそ!愛媛県知事室へ > 知事記者会見録 > 新型コロナウイルスの感染の確認(20事例目)に係る記者発表の要旨について

ここから本文です。

更新日:2020年7月21日

新型コロナウイルスの感染の確認(20事例目)に係る記者発表の要旨について

日時:令和2年7月20日(月曜日)10時00分~10時28分

場所:知事会議室

 

 

 

(知事)

 昨日あえて記者会見をして、今日は(記者会見が)なければいいなとは思っていたんですが、恐縮でございます。本日ご説明する内容は3点ございまして、一つに新たな感染者の発生のお知らせと、それから夏季休暇中の注意喚起、そしてPCR検査対象の国の基準変更への対応等でございます。

 まず新たな感染者についてでございますが、県内ではご案内のとおり、5月27日に陽性が確認されて以来、53日ぶりとなる1名の新型コロナウイルスの感染者が確認されましたので、公表をさせていただきます。事例といたしましては、20事例目で83人目となります。まず感染が確認された方に対しまして、心からお見舞いを申し上げさせていただきたいと思います。一日も早く回復されるよう、お祈り申し上げます。

 昨日は医師から要請のあったPCR検査は2件でございましたが、検査結果が判明したのは17時ごろでございます。ご本人と連絡を取りまして、今後の治療内容等について説明をさせていただきました。それとともに、保健所の調査への協力をお願いしております。プライバシーに配慮した上で、本日公表を行わせていただきます。

 まず初めに、これから感染者の概要を説明させていただきますが、ご家族との接触も極力控えられておりまして、(本県に)到着してから、本当に細心の注意を払っておられます。そういったことで、ご家族の一部の方以外の接触はございません。ある意味ではしっかりと囲い込みができている事例でございますので、市中感染につながる懸念はないというふうに判断しております。県民の皆さん、特に在住地(帰省先)が宇和島市でございますので、宇和島市の皆さん、しっかりと帰県後対応されていますので、落ち着いて冷静な判断をしていただきたいと思います。変にいろんな中傷やうわさが飛び交うようなことのないように、しっかりと情報を受け止めていただきたいというふうに思います。

 では感染者の概要でございますが、20代の男性でございます。住所地は京都府在住の方であります。職業は、本人の希望もございまして非公表とさせていただきます。なお、関係自治体の京都府には昨日の時点で連絡済みでございます。症状、経過、行動等でございますが、この方は14日から、本当に初期症状だと、そこまでの自覚があったかどうかもちょっと分からないんですが、鼻水、味覚障害が若干あったと聞いております。18日の土曜日に京都府から宇和島市に帰省をされましたが、味覚障害の状態が続きましたことから、来県した当日のうちに関係機関へご連絡をいただきまして、昨日19日に帰国者・接触者外来を受診、検体を採取し、同日の17時頃にPCR検査で陽性が確認をされました。この方は、19日時点では軽症、味覚障害のみでございますが、昨日のうちに指定医療機関に入院済みでございます。ということで、(パネルの)こちらが20事例目で(陽性が)1、関係者調査がまだ白丸になっていますけども、県内の調査はもう既に終わっております。京都側での調査が終わっていないということで、あえて白丸にさせていただいております。入院中がここ(パネルの入院中)で1人になると。今回は医療機関の方に今入っていただいておりますので(パネルの医療機関に入院中の軽症者が)1人ということになります。

 次に、18日の移動中の状況でございますが、京都府から伊丹空港まではバスで移動、伊丹空港から松山空港までは航空機で移動、松山空港から宇和島市まではご家族の自家用車で移動されています。なお、国内で同じ交通機関を利用しただけで感染した事例は今のところないと承知しておりますが、これらの交通機関での移動中もマスクを着用されていたそうであります。周囲の方々と会話することもなしというふうに確認が取れております。ただ念のため、昨日中に航空会社およびバス会社には協力依頼しておりまして、近くにいた乗客の方々の情報を確認しています。乗客の方々には濃厚接触者に当たる方は見られませんが、保健所から連絡をして健康管理には念のため十分気を付けるよう依頼し、もし仮に症状が出た場合はご連絡をいただき、必要に応じてPCR検査を実施することといたしております。また、この方はもしもを考えて感染が拡大しないよう、周りに十分配慮して移動していたと聞いております。18日に宇和島市の自宅に戻って以降も、その他の家族とも接触されていません。念のため接触されなかったということです。滞在の場所も十分考えて、接触のない場所で過ごされていたと聞いております。このため、松山空港から自家用車で同乗したご家族の方1名のみを濃厚接触者といたしまして、この方にも自宅待機、他の家族の方とも接触しないよう依頼をしています。さらなる詳細な行動歴やその他の接触者については、現在、保健所において調査中でございます。先ほど申し上げた京都の方も分かっていないということです。なお、ご家族に学校関係者はおいでません。この点は昨日速やかに宇和島市の方にもお伝えしています。

 次に、夏季休暇中の注意喚起でありますが、今回のケースのように、夏休みやお盆休みで帰省した方が陽性確認されることは起こり得るというふうに思います。念のためなんですけれども、7月に入ってからの全国の都道府県別の感染確認状況でございますが、もちろん東京を中心とする首都圏、大阪を中心とする関西圏が突出していますが、その他でも全国それぞれで散発的な陽性確認が発生しているのがお分かりいただけるんではなかろうかと思います。これまでも再三申し上げてまいりましたけれども、特に感染拡大地域からの帰省、重症化リスクの高い高齢者や基礎疾患のあるご家族がいらっしゃるご家庭では、よくよく考えて慎重な対応をお願いできたらと思います。また、帰省されたご家族がいる場合には、体調管理には十分に注意をしていただきまして、最近では症状が軽い感染者が多いと聞いておりますので、ちょっとでも発熱等々の症状、体調の異変を感じたならば、今回の方のように他者との接触を避けて休養する、そして帰国者・接触者相談センターに連絡するなど適切に対応をしていただきたいと思います。こちら(089-909-3483)が電話番号になりますので、そういう対象に当たる方、ご家庭についてはぜひこの番号だけはメモをしておいていただきたいというふうに思います。

 特にこれから、7月、8月になってきますと夏季休暇の時期にもなります。県内の大学、そして専門学校等においては、今後在学生の帰省、こちらにいる愛媛県内の大学生が他のふるさとに帰省されたり、県外旅行されるなど、(ウイルスの)持ち帰り・持ち込みの可能性も危惧されます。県内の学生の皆さん、感染拡大地域のご出身の方、帰省されるときには特に同窓会等への参加に細心の注意を払っていただきたいと思います。また、帰省された地域での行動について、感染防止対策が十分になされていない飲食店、カラオケや接待を伴う夜の繁華街等には立ち寄らないようにお願いしておきたいと思います。もちろん感染拡大地域以外でも帰省する場合に気を付けていただきたい点ではありますが、特に市中感染が広がりつつある東京や首都圏、また感染拡大地域ではより一層警戒心を高めていただきたいというふうに思います。

 なお、これらの行動、注意については、本日中に県内の大学、専門学校等に、学生に対してメッセージを送る等々の協力依頼を行いますとともに、周知徹底をしていただきたいというふうに思います。さらに、夏季休業期間中の部活動やゼミ合宿、ボランティア活動等においても感染が起こり得るという可能性がありますため、やはり原点に帰りますけども、個人個人が行う感染回避行動「うつらないよう自己防衛」、「うつさないよう周りに配慮」、「習慣化しよう3密回避」、これらを徹底的に実践していただくことが最大の防御になりますので、施設を管理する学校や指導教員にもあらためて徹底をお願いしたいと思います。

 なお、前にも申し上げましたが、観光客など県外から来られた方は、愛媛県に来た時点でかかりつけ医がいらっしゃらないわけですから、体調が悪い場合は、先ほど申し上げました帰国者・接触者相談センターにつなぐことが大事でございます。こちらも関係する業者にもそうした周知を徹底していただきたいというふうに思います。なお、観光客の方や帰省した方の場合、PCR検査を受けることになったときには、結果が出るまでの間、壱湯の守別館、「別館」ということを必ず付けていただきたいと思います。別館において滞在できるよう公表しておりましたが、スタッフの確保、準備が整いましたので22日から運営を開始いたします。22日からでございます。また、帰省先や旅行先で感染の可能性がある状況下で体調不良を感じた場合には、決して無理をすることなく速やかに滞在先の帰国者・接触者相談センターにぜひ連絡をしてください。

 三つ目に、国では濃厚接触者以外でも、クラスターが発生した施設や医療機関、介護施設などにおいて必要がある場合には、幅広くPCR検査の対象とする見直しを行うとの報道がございましたけれども、これはもう皆さんご存知のとおり、既に愛媛県ではこんなことはやっているわけでありまして、松山市のサ高住(サービス付き高齢者向け住宅)が最初のクラスターですけども、その当時からどんどんどんどん(PCR検査を)やっていましたので、本県では実質的な変更があるわけではありません。今後とも必要とされる検査は積極的に実施していきたいというふうに思います。

 昨日実施した検査のもう1件は、県外で陽性確認がなされた方の濃厚接触者として認定され、他県から愛媛県に連絡があった方でございます。こちらの方は陰性が確認されました。ただし、2週間の自宅待機をお願いし、ご了解をいただいておりますので、こちらも冷静に受け止めていただきたいと思います。首都圏をはじめ関西圏、全国的な感染の広がりが確認されている状況の中、今回のように、家庭や仕事の都合で県外を訪れ、知らないうちに感染者と接触する場合もございます。今週末には4連休があり、近隣県や県内旅行をはじめ、外出を予定されていらっしゃる方も多いと思いますが、今回の感染確認で県民の皆さんがそうした外出を過度に恐れて取りやめる必要はございません。経済的な問題もございます。これをコロナと向き合いながらどう生活や経済活動をやっていくかというのもわれわれに突き付けられてる大きなテーマでもございます。要は、感染拡大防止・回避行動、こういったことをしっかり日常で行えば十分にカバーできる、感染リスクを大幅に減らすことができるということでございますので、ぜひその点、冷静に受け止めていただきたいと思います。

 また、今回のように今後も、散発的に感染確認が県内でも発生する可能性が十分あると思っています。そのたびごとに一つ一つ丁寧にしっかりと対応して、また説明もしてまいりますので、正しく恐れるというふうなこと、これまでと同様、県民の皆さんのご理解、そして冷静な行動をよろしくお願い申し上げたいと思います。

 以上です。

 

(南海放送)

 空港でサーモグラフィー検査をしているが、この方は発熱はなかったということで、そこには引っ掛からなかったということか。

 

(知事)

 そうですね。発熱の場合はすぐ分かるんですけども、伊丹空港でも実は検温をやっているんですけども、両方でも発熱は確認できなかったんですが、発熱だけではなくてこういった初期症状では、その前の段階でくしゃみであるとか、若干の味覚障害だとかそういった自覚症状も出るケースもありますので、発熱だけで全てということではないんですが、発熱した場合は感染力がその時期高いと言っていますので、こうしたようなことは引き続き行っていきたいと思います。

 

(南海放送)

 あと、この方、14日から若干自覚症状がある中で帰省されてきたということだが、知事は以前から症状がある場合は移動を控えるよう呼び掛けをしてきたが、その点についてあらためてどうお考えか。

 

(知事)

 これはもう本当に個人個人の判断に委ねていくことになりますけども、一般例として、ちょっとした変調がある場合は(移動を)控えていただくということが、個人個人が自覚することが大事だと思っています。ただ、どうしても、そこまでの症状なのかなというふうなこともあるかと思うんですね。そういう場合には、今回のように極めて冷静に動いていただいて、そうした(冷静な)行動をしていただけたらその事例は囲い込みがすぐにできるということでもあろうかと思っています。

 

(南海放送)

 先ほどもおっしゃっていたが、昨日も発表されて、愛媛県独自の観光振興策として、中四国とあと2県が九州で実施さるが、あらためてこの向き合い方というのはどのように考えているか。

 

(知事)

 そうですね。正しく恐れていくということが1点と、それからやっぱり経済活動を完全に止めたら今度は経済死という大きな問題が起こるという点と、こういった点を咀嚼(そしゃく)しながらハンドリングをしていかなければいけない難しさはあります。

 ただそういう中で、例えば、愛媛県でも他県から見たら陽性確認が出たんだ、大丈夫だろうかと思われるかもしれません。でも実態は違いますよね。問題は(感染拡大が)コントロールできない状態になっているのか、市中感染が大幅に拡大する状況になっているのか、ここが問題だと思っています。ですから、単に感染が出た、出ないだけでそのエリアの状況を判断することは誤った選択にもなりかねないので、その点はしっかりと見極めていく必要があろうかと思っています。

 そうした中で、Go Toキャンペーンの問題については、どう考えても(感染拡大の)コントロール、クラスター対策だけで収まりがつかなくなってきているように思える。これも情報がつまびらかにでていないですから、確証として言えるわけではないんですが、陽性者の数字だけで判断するというふうなことを見ても、そういう状況になりつつある首都圏等々については、ちょっと状況が違うだろうというふうに思いますので、全国一斉、条件を全くなしにやるのは非常に当初から危惧を抱いていましたが、これでもどうなるか分かりません。国も柔軟に対応すると言っていますので、そこは信じて対応を見極めるしかないんですけれども、県内でできることについてはやっていきたい。そういう中で5県についてはご案内のとおりの状況ですから、今の段階ではコントロールできているというエリアなので問題ないと判断しています。ただ、これがまた状況変化していったら臨機応変に対応していくということになろうかと思っています。

 

(南海放送)

 あらためてになるかもしれないが、Go Toキャンペーンで東京離発着を外して、あとは若者とか高齢者の団体旅行を省くといったような政府の考えをどのように評価しているのか。

 

(知事)

 そうですね。思い付きの変更というのは混乱につながりますので、例えば、僕もよく分からないのが、高齢者の団体旅行等々が対象外というのは突然出てきたので、これをどうやって判断するのかがよく分からないし、それから昨日も申し上げましたけれども、送られてきた資料だけ見ると宿泊だけの場合や宿泊に移動も兼ねた旅行商品の場合といろいろとごちゃごちゃになっているんですね。これみんな分かるのかなというふうに危惧していまして、やっぱり変更するにせよ、できるだけシンプルにやらないとですね、かえって「あーでもない、こーでもない」ということで積み重ねを行うと制度等々がものすごく複雑になっていきますので、かえって混乱しかねないというふうな点は留意しておく必要があるんじゃないかなというふうなことは感じます。

 

(南海放送)

 お金の補助が出ないだけで、東京からの観光客を制限するものではないという理解だが、そのあたり道後という大きな観光地を抱える愛媛県知事としては心配とかはないか。

 

(知事)

 そうですね。われわれの県のレベルでできることは水際対策の徹底と、それから観光業界、宿泊関係等々ですね。さっき(の発言と)重なりますが、そういったところへの注意喚起および県外から来られた方に対しての周知徹底、こういったことは県でできるんですけれども、観光施設等々の運用については基礎自治体の考えもあるでしょうから、やっぱり基礎自治体もそれぞれが何ができるのか、何をしなければならないかというのは、それぞれ市長さん、町長さんがお考えになられるというふうに思っています。

 

(あいテレビ)

 今回の感染が確認された男性について、帰省理由というのはどのようなものか。

 

(知事)

 これはですね、先ほど申し上げましたように、できれば職業等々は控えてほしいというご本人の希望もありますので、理由で推測ができてしまうケースもありますから、これはちょっと控えさせていただきたいと思います。

 

(読売新聞)

 濃厚接触者お一人ご家族の方について、この方のPCR検査の予定と、学校関係者ではないということだったが、医療、介護の関係でもないということか。

 

(知事)

 学校関係者ではなくて、例えば、ご家族の中に宇和島市内の学校に通っているお子さんがいるとかそういうことがないということ。ですから、学校の休校とかそういったことにつながるケースではないというふうなことでございます。もう1点、PCR検査については、前も申し上げて一部で誤解された発言もありましたけれども、潜伏期間等々もありますので、これは専門家の意見に従ってこの日がいいだろうというのは、これから出てくると思います。4日、5日ぐらいが潜伏期間ということなので、まだ一昨日帰ってきて接触したばかりですから、だいたいあと3日か4日後ぐらいになるかと思います。

 

(愛媛朝日テレビ)

 医師から要請のあったもう1件の陰性の方だが、これは他県で陽性出た方の濃厚接触者ということだったが、これは岡崎市で県人の方が出たケースか。

 

(知事)

 そのケースとは違います。

 

(八矢副知事)

 岡崎市のケースは、住所地が愛媛県ということは本人の申し出というふうに聞いておりますが、岡崎市で陽性が確認された方と、住所地が愛媛と言っている方も含めて2週間以内に本県に立ち入ったことはないというふうには聞いておりますので、この方ではございません。全く別の方です。

 

(知事)

 出身は逆によく分からないんですよ。愛媛県ではないような。住所地が愛媛という発表があるんですけども、いろんな活動の拠点として、新たにこちらに来るというようなことで構えられたケースのようです。

 

(愛媛新聞)

 今回の検査で陰性だった人が、他県の方の感染を受けて検査したということだが、濃厚接触は県内で濃厚接触したのか。

 

(知事)

 県外です。だから今回京都に連絡がいったようなケースと同じで、あちらの県から県外で陽性判定が出た人の連絡があり、すぐに対応したということです。それで陰性だったということです。もちろんこの方が陽性だったら追いかけなければいけないですけど、幸い陰性が確認されていました。ただ、2週間は様子見てくださいねというお願いをしています。

 

(南海放送)

 ちなみに他県というのは何県からか。

 

(知事)

 新潟県です。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部保健福祉課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2380

ファックス番号:089-921-8004

保健福祉部健康増進課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2400

ファックス番号:089-912-2399

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ