文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 薬事 > 医薬品的効能効果を標榜したいわゆる健康食品の流通について

ここから本文です。

更新日:2019年1月15日

医薬品的効能効果を標榜したいわゆる健康食品の流通について

食品等販売業者である「(株)オハナ生活倶楽部」(本社 松山市山西町964-5)が、都道府県知事等の許可を受けないまま、いわゆる「健康食品」を病気への効能効果があると標榜して販売しており、当該食品が県内においても流通していた事実が判明しました。

(いわゆる「健康食品」についても、効能効果を標榜した場合は、法令に基づき、「医薬品」とみなされます。)

「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)」により、医薬品を製造しようとする者は厚生労働大臣の承認を受けなければならず、また、都道府県知事等から医薬品の販売業の許可を受けた者でなければ、医薬品を販売してはならないことになっております。

現時点において、当該事業所が販売した製品による健康被害は報告されておりませんが、万一、当該製品を使用し、身体に異常が発生した場合には、医療機関を受診いただくか、最寄りの保健所(PDF:23KB)までご相談ください。

消費生活に関する相談については、県消費生活センター(089-925-3700)又は市町の消費者相談窓口で受け付けています。

消費者ホットライン:電話188(最寄りの消費生活相談窓口につながります)

県民の皆様へ

(1)医薬品的な効能効果をうたった健康食品は、健康を害する成分が含まれている恐れがあるため、購入等しないよう注意してください。
(2)万一、当該製品を使用し、身体に異常が発生した場合には、医療機関を受診いただくか、最寄りの保健所までご相談ください。

食品関係等事業者の皆様へ

(1)医薬品としての承認を受けていない食品等について医薬品的な効能効果を標榜して販売等することは、医薬品医療機器等法に違反します。

(2)そのような行為を行った場合は、医薬品医療機器等法に基づき処罰を受けることがありますので、厳に謹んでください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部薬務衛生課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2390

ファックス番号:089-912-2389

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ