文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 薬事 > 薬の基礎知識

ここから本文です。

更新日:2018年11月12日

薬の基礎知識

薬の正しい使い方

1 添付文書(能書)などを必ず読みましょう。

添付文書(能書)などには、用法・用量、効能・効果などのほか、使用上の注意、副作用が記載してあります。

必ずよく読んでから使用する習慣を身につけましょう。

2 用法・用量を守りましょう。

薬の作用は、使用量と深い関係にあります。ある量以下では作用が現れないし、ある量以上では有害な作用を生ずるおそれがあります。

定められたとおりの用法・用量を守りましょう。

3 服用時間を守りましょう。

薬は、それぞれ定められた時間に飲まないと効果がなかったり、副作用を生じることがあります。

薬の服用についての指示のうち、食前、食後、食間とは次のことをいいます。

食前
胃の中に食べ物が入っていないとき。(食前1時間から30分)

食後
胃の中に食べ物が入っているとき。(食後30分以内)

食間
食事と食事の間のことで、たとえば朝食と昼食の間。食事中に服用するということではありません。

定められたとおりの服用時間を守りましょう。

4 服用時の注意を守りましょう。

副作用の発生を防いだり、薬の効果を正しく発揮させるために多種多様の剤形があります。錠剤、カプセル剤などを服用するときは、次のような注意を守りましょう。

錠剤・カプセル剤
胃では溶けず、腸ではじめて溶けて効くようにつくられたものがあります。むやみに噛んだりつぶしたりしてはいけません。乳幼児には原則として使用してはいけません。

液剤
主成分が沈んでいたりしますので、よく振ってから飲みましょう。薬を汚染する原因となりますので、瓶に直接口をつけたり、飲むときに使ったスプーンを薬の入った容器に入れてはいけません。また、目薬の容器の口を直接目につけてはいけません。

5 薬の併用をさけましょう。

薬を併用すると、お互いの作用が弱くなったり、強くなったりして期待する効果が得られないことがあります。また、思わぬ副作用が現れたり、正確な診断の妨げになることがあります。特に医師の指示で薬を使用しているときには、医師の了解を得ないで他の薬を使用してはいけません。

6 高齢者の薬の使用は特に注意しましょう。

高齢者は、血圧の薬や心臓の薬など、多くの薬を併用することが多くなり、使用期間も長くなりがちです。また、肝臓、腎臓などの働きが弱くなっているため、薬の作用が強く出過ぎたり、思わぬ副作用が出ることがありますので、医師・薬剤師などの専門家から十分服薬指導を受けて、正しく使いましょう。

薬の正しい保管のしかた

1 乳幼児・小児の手の届かない所に保管しましょう。

乳幼児・小児の誤飲事故を防ぐため、手の届かないところで保管しましょう。また、薬を飲んだら放置しないで、すぐに保管場所に戻しましょう。

2 湿気、日光、高温をさけて保管しましょう。

薬は、湿気、光、熱に弱いので、フタを固くし、直接日光の当たらない場所に保管しましょう。

液剤や点眼剤、座薬はビニール袋などに包んで冷蔵庫に入れておきましょう。

3 薬以外のものと区別して保管しましょう。

誤用を避けるために、飲み薬とぬり薬は区別して保管しましょう。また、農薬、殺虫剤、防虫剤などと一緒に保管してはいけません。

4 他の容器への入れかえはやめましょう。

薬を使い古しの他の容器に入れかえることは、内容や使い方がわからなくなり、誤用や事故のもとになります。

5 古い薬の使用はやめましょう。

薬には有効期間が表示されているものがあります。

期間を過ぎたものは捨てましょう。また、古い薬や外観に異常があるような薬については、使用前に医師・薬剤師に相談しましょう。

もし薬を使って体調等に異変を感じたら・・・

薬を使っているときに異変を感じたら、まずはお医者さんまたは、お近くの薬剤師にご相談ください。

薬による副作用がもし起こってしまった場合 ~医薬品副作用被害救済制度について~

薬は正しく使っていても、副作用が起こる可能性もあります。万一、入院治療が必要になるほどの健康被害がおこったとき、医療費や年金などの給付を行う制度があります。「医薬品副作用被害救済制度」は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構に基づく公的制度です。

医薬品副作用救済制度について(外部サイトへリンク)

制度の概要について(外部サイトへリンク)

<救済制度に関する相談窓口>
独立行政法人医薬品医療機器総合機構 健康被害救済部企画管理課

電話番号:0120-149-931(フリーダイヤル)
受付時間:(月~金)9時~17時(祝日・年末年始を除く)
Eメール:kyufu@pmda.go.jp

<資料請求・本制度の出前講座についてのお問い合わせ窓口>
独立行政法人医薬品医療機器総合機構 健康被害救済部企画管理課

電話番号:03-3506-9460
Eメール:kyufu@pmda.go.jp

出前講座について(外部サイトへリンク)

 

一つ前に戻る

お問い合わせ

保健福祉部薬務衛生課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2390

ファックス番号:089-912-2389

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ