ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 献血・臓器移植 > 令和2年度「愛の血液助け合い運動」の実施について

ここから本文です。

令和2年度「愛の血液助け合い運動」の実施について

 医療に必要なすべての血液製剤を献血により確保する体制を確立するため、本県では7月1日から8月31日の2ヶ月間を「愛の血液助け合い運動」期間と定め、広く県民各層の間に献血思想の普及を図るとともに、特に継続的な推進が必要な成分献血及び400mL献血への協力と、血液製剤の適正使用への協力をお願いしています。

 今年度も、次のとおり実施しますので、お知らせします。

 令和2年度「愛の血液助け合い運動」実施要綱(PDF:138KB)

 献血は、皆さんの善意のボランティアで支えられています。皆さんからいただいた献血は輸血用血液製剤として医療機関に届けられ、病気やけがで苦しむ多くの患者さんの命が救われています。

県民の皆さん、ぜひこの機会に献血に協力をお願いします。

 「行ってみよう 少しの勇気で 救える命」  

主な実施事項

(1)表彰の実施

 献血運動に功績のあった団体を表彰します。(今年度は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、表彰状等の伝達式・贈呈式は開催しません。) 

 厚生労働大臣表彰状 3団体

 厚生労働大臣感謝状 11団体

 愛媛県知事感謝状 15団体

 愛媛県赤十字血液センター所長感謝状 10団体

(2)小学生親子血液センター見学体験教室の開催

 今年度は開催しません。

(3)愛顔の高校生献血推進会議の開催

 今年度は開催しません。

(4)啓発資材(啓発ポスター等)の配布、掲示 

「愛の血液助け合い運動」啓発ポスター等を各種関係団体に配布、掲示し、献血の普及啓発を行います。

 「愛の血液助け合い運動」啓発ポスター」(PDF:8,172KB) 

 

新型コロナウイルス感染症への対応

(1)新型コロナウイルス感染症に対する取り組み

 新型コロナウイルス感染症の拡大が懸念される中でも、全国で毎日約3,000人の患者さんが輸血を必要としています。しかし、血液は、「人工的に造れない」、「長期保存ができない」ことなどから、毎日約13,000人の方に献血に協力していただく必要があります。

 赤十字血液センターでは、従来より感染症対策を行っていますが、新型コロナウイルス感染症の拡がりを受けて、更に徹底した対策を行い、より安全な献血会場の運営に取り組んでいます。

 尊い命を救うために、皆様のご理解とご協力をお願いします。

 

 【県内で献血ができるところ】

 ○大街道献血ルーム (松山市大街道1丁目4-17 TEL:089-932-0900)

 〔受付時間〕

 成分献血  :10時~12時30分/14時~17時

 400mL献血、200mL献血:10時~12時50分/14時~17時30分 

 〔定休日〕

 GW・年末年始のみ不定休

 ・受付時間を調整することがありますのでご了承願います。  

 ・成分献血のご予約は大街道献血ルームへお問い合わせください。

 

 ○献血バス

 ・献血バスでは400mL献血をお願いしています。

 ・献血バスの運行スケジュールは、愛媛県赤十字血液センターのホームページをご覧ください。

 ・職場や学校など協力いただける場所へ献血バスが伺いますので、愛媛県赤十字血液センター(献血推進課 TEL:089-973-0755)までお問い合わせください。

(2)献血会場における感染防止のためのお願い

 ○献血会場では、はじめに体温測定をお願いします。 

 (発熱が確認された方は、入室をご遠慮いただいています。)

 ○必ず、手指消毒とマスク着用をお願いします。

 ○受付・問診の際には、ご自身の健康状態を正確にお伝えください。

(3)お問い合わせ先

 愛媛県赤十字血液センター

 (松山市高岡町80-1 TEL:089-973-0700〔代表〕 TEL:089-973-0755〔献血推進課〕)

 愛媛県赤十字血液センターのホームページ(外部サイトへリンク)

 

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ