文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 環境 > 生活衛生 > 特定建築物を所有する皆様へ

ここから本文です。

更新日:2020年6月29日

特定建築物を所有する皆様へ

熱中症予防に留意した「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法について

外気温が高い環境下では、換気の悪い密閉空間の改善と熱中症の防止を両立することが重要です。

特に、換気機能のない冷暖房設備しか設置されていない施設の場合は、

外気温が高いときに、必要換気量を満たすための換気を行うと、居室の温度及び相対湿度を適切に維持できないときがあるため、

2方向の窓を常時、できるだけ開け、連続的に室内に空気を通す必要があります。

熱中症予防に留意した「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法(令和2年6月24日)(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへリンク)

を参考に、換気の悪い密閉空間の改善と熱中症の防止の両立をお願いいたします。

参考資料

熱中症予防に留意した「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気について(令和2年6月17日)(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへリンク)

新型コロナウイルス感染症のクラスター(集団)の発生のリスクを下げるための3つの原則について

これまで当該感染症の集団感染が確認された場に共通するのは、

(1)換気の悪い密閉空間、(2)人が密集していた、(3)近距離での会話や発声が行われた

という3つの条件が同時に重なった場であるということを踏まえ、

クラスター(集団)の発生のリスクを下げるための3つの原則

  1. 換気を励行する
  2. 人の密度を下げる
  3. 近距離での会話や発声、高唱を避ける

が、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議「新型コロナウイルス感染症対策の見解」(令和2年3月9日)により示されましたのでお知らせします。

換気の方法については「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法(令和2年4月3日)(PDF:252KB)を参考にしてください。

また、直近の空気環境の測定結果について建築物環境衛生管理技術者に意見を求め、必要に応じて、以下による空気調和設備等の点検・整備等を適切に実施するようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症が発生している段階であっても、特定建築物を環境衛生上良好な状態に維持することは重要です。

やむを得ない事由がある場合を除き(※1)、建築物環境衛生管理基準に従って定期点検等を行い、特定建築物の維持管理をするようお願いします。

(※1)関連リンク「新型コロナウイルス感染症関係Q&A(建築物衛生法関連)」をご参照ください。

国からの通知等

 関連リンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部薬務衛生課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2390

ファックス番号:089-912-2389

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ