文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 環境 > 生活衛生 > 公衆浴場入浴料金の改定について

ここから本文です。

更新日:2017年12月6日

公衆浴場入浴料金の改定について

平成26年9月1日から物価統制令に基づき知事が定める公衆浴場の大人料金(12歳以上の者)の統制額を下記のとおり360円から400円に引き上げています。

一般の公衆浴場(いわゆる銭湯)の入浴料金は、他の公衆浴場(スーパー銭湯など)とは違い、物価統制令により都道府県ごとに知事が上限を定めており、本県におきましては平成20年4月に定めた大人360円の料金で営業がされてきました。

しかし、近年の燃料費の高騰に加え、平成26年4月からの消費税の引き上げなど、県内の営業者の経営実態はかなり悪化しており、現状のまま推移すれば、かなりの数の営業者が廃業を余儀なくされ、地域における適正な衛生水準の確保並びに住民の入浴機会の確保に支障をきたす恐れがあります。

このため、県内の公衆浴場の経営実態を調査したうえで、平成26年7月17日の愛媛県公衆浴場入浴料金審議会に料金改定等について諮問したところ、引上げ改定は適当である旨の答申を頂いたため、下記のとおり引き上げております。

利用者の方にとりましては、今回の料金の引き上げはかなりの御負担になることと存しますが、400円という料金は地域に密着した公衆浴場の経営を存続していくために必要な最低限度の額でございますので、何卒御理解をいただきますようよろしくお願いいたします。

(今回の改定内容)

1 料金改定について

大人料金(12歳以上)を360円から400円に引き上げ

※中人(6歳以上12歳未満)150円、小人(6歳未満)60円は据え置き

2料金の改定時期について

平成26年9月1日

注)改定額は入浴料金の上限額を定めたものですので、実際の入浴料金・改定時期はご利用の公衆浴場にご確認ください。

 

 

お問い合わせ

保健福祉部薬務衛生課 環境衛生係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2394

ファックス番号:089-912-2389

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ