文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 薬事 > ジェネリック医薬品の安心使用に向けた取組みについて

ここから本文です。

更新日:2019年10月21日

ジェネリック医薬品の安心使用に向けた取組みについて

ジェネリック医薬品を取り巻く状況

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、先発医薬品と同一の有効成分を同一量含み、同一経路から投与する製剤で、効能・効果、用法・用量が原則的に同一であり、先発医薬品と同等の臨床効果・作用が得られる医薬品をいいます。また、ジェネリック医薬品の中でも、先発医薬品メーカーからの許諾を得て、同一の原料、添加剤、製造方法により製造されたものは、オーソライズド・ジェネリック(AG)と呼ばれています。

厚生労働省では、平成25年4月に「後発医薬品のさらなる使用促進のためのロードマップ」を策定し、平成27年6月の閣議決定において、平成29年央に70%以上、平成30年度から平成32年度末までの間のなるべく早い時期に80%以上とする、新たな数量シェア目標が定められました。さらに、80%目標の具体的な達成時期について、平成29年6月の閣議決定において、「2020年(平成32年)9月までに、ジェネリック医薬品の使用割合を80%とし、できる限り早期に達成できるよう、更なる使用促進策を検討する。」と定められました。

愛媛県においては、県民や県内医療機関の皆様が安心してジェネリック医薬品を使用できるよう、セミナーを開催するとともに、県内病院における後発医薬品採用リストを作成・公表するなど、安心使用に向けた情報提供や周知啓発に努めています。

 

zyenerikku

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

zyenerikku

 

愛媛県におけるジェネリック医薬品の安心使用に向けた取組み

愛媛県では、県民や県内医療機関においてジェネリック医薬品が安心して使用されるよう、医薬品の供給及び情報提供体制の整備等の問題点について検討し、ジェネリック医薬品の適正な使用をより一層推進することを目的に、後発医薬品安心使用対策事業を実施しています。主な事業内容は以下のとおりです。

愛媛県ジェネリック医薬品安心使用連絡会の開催

平成20年度から、学識経験者、関係団体、病院関係者などの有識者で構成される連絡会を定期的に開催し、県内におけるジェネリック医薬品の安心使用に関する問題点を整理、検討しています。

後発医薬品採用リストの作成

平成21年度から、県内各地域の病院における後発医薬品採用リストを作成し、ジェネリック医薬品の採用情報の共有化を進めています。

平成30年度は、県内47病院(東予:16病院、中予:16病院、南予:15病院)にご協力をいただき、約3,000品目のジェネリック医薬品に対する採用状況について調査しました。

平成30年度採用リスト

年度

リスト名

リスト

平成30年度

病院における後発医薬品採用リスト

リスト(エクセル:672KB)

ジェネリック医薬品安心使用セミナーの開催

平成23年度から、県民や医療関係者向けのセミナーを開催し、ジェネリック医薬品に対する知識や理解の向上に努めています。

令和元年度の実施予定は下記のとおりです。(リーフレット(PDF:245KB)

1.開催日:令和2年1月26日(日曜日) 

2.会場:愛媛県薬剤師会館 3階 大会議室(松山市三番町7丁目6-9)

3.内容:

「おばけとバイオシミラーと薬剤師 ~人は得体の知れないものに恐怖する~(仮題)」
  講師:萱野 勇一郎 先生(社会福祉法人 恩賜財団済生会支部大阪府済生会中津病院 薬剤部長)

平成30年度は、医療関係者を対象としたセミナーを開催し、83名の方にご参加いただきました。

 (平成30年度開催状況)

1.開催日:平成31年1月27日(日曜日)

2.会場:愛媛県薬剤師会館(松山市三番町7丁目6-9)

3.内容

講演1:医薬品の適正使用を考える ~ジェネリック医薬品を中心に~

講師:佐々木 忠德 先生(昭和大学病院薬剤部長 昭和大学薬学部教授)

講演2:ジェネリック医薬品の現在と今後

講師:渡辺 浩毅 先生(済生会松山病院 副院長)

講演3:全国健康保険協会愛媛支部における後発医薬品使用状況について

講師:碓井 健介 先生(全国健康保険協会愛媛支部 企画総務グループ長補佐)

generikku

後発医薬品品質確保対策事業(厚生労働省委託事業)の実施

ジェネリック医薬品の品質に対する患者や医療関係者の信頼は、必ずしも高いとは言えない状況がございます。愛媛県では、患者等が安心してジェネリック医薬品を使用することができるよう、その信頼性を高め、一層の品質確保を図るため、厚生労働省からの委託事業として、市場流通しているジェネリック医薬品を入手し、県立衛生環境研究所において溶出試験などの品質検査を実施しています。厚生労働省では、全国都道府県における検査結果をとりまとめ、同省ホームページにて公表しています。

平成29年度実施結果(外部サイトへリンク)


 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部薬務衛生課 薬事係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2391

ファックス番号:089-912-2389

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ