close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2013年3月6日

BSEスクリーニング検査の原理と手順

BSEスクリーニング検査は、エライザ法と呼ばれる検査法で行っています。

エライザ法とは、検出しようとする抗原に対する抗体に酵素を標識しておくと、抗原があって抗体と結合した場合、その酵素により基質が発色することを利用した測定法です。

BSEスクリーニング検査で使われているのは、その中でも、サンドイッチELISA法と呼ばれる非常に感度が高い方法で、抗原(プリオンタンパク質)を一次抗体(検査用マイクロプレートにあらかじめつけておいた抗体)と二次抗体(酵素標識抗体)でサンドイッチして複合体を作らせ検出する方法です。

具体的には・・・

まず、牛の延髄を採取し、破砕などの前処理をして検体液とします。

次に、一次抗体のついたマイクロプレートの穴に検体液を加えて反応させます。

更に、二次抗体(酵素標識抗体)を加えて反応させます。

その後、基質発色液を加えて反応させると、二次抗体の酵素により酸化され青色に発色します。

最後に、反応停止液を加えると、青色の基質発色液が黄色に変化します。

この黄色の色調の濃淡を数値として測定することにより、BSEスクリーニング検査の陽性・陰性を判定します(牛がBSEになっていて多量のプリオンタンパク質が延髄に含まれていれば、黄色は非常に濃い色になり、高い測定値がでるからです)。

BSE検査現場の様子と、マイクロプレート内での反応模式図BSE検査の現場のページでご覧ください。

お問い合わせ

保健福祉部食肉衛生検査センター

〒795-0046 大洲市春賀甲410 

電話番号:0893-59-6077

ファックス番号:0893-59-6078

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ