close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2019年11月18日

牛・豚の検査の流れ(テキスト)

牛・豚の解体工程

牛・豚の搬入、とさつ、解体、洗浄・消毒、冷蔵、枝肉出荷・部分肉解体の流れで行われる。

食肉衛生検査センターが行う検査

(1)現場検査(と畜場内)

  • 生体検査:牛・豚の搬入時に望診・触診等をする。
  • 解体前検査:牛・豚のとさつ時に血液性状等を検査する。
  • 解体検査:牛・豚の解体時に内臓・枝肉を肉眼で検査する。

(2)検査室内検査

  • 精密検査:現場検査でさらに詳しい検査が必要なときに随時血液検査や細菌検査などを実施する。
  • 牛海綿状脳症(BSE)スクリーニング検査:生後24カ月齢以上の牛のうち、生体検査で神経症状が疑われる個体や全身症状を呈する個体の延髄をエライザ法により検査する。

(1)、(2)の検査で合格と判断すると、検印を押し、食肉として市場に流通することができる。

お問い合わせ

保健福祉部食肉衛生検査センター

〒795-0046 大洲市春賀甲410 

電話番号:0893-59-6077

ファックス番号:0893-59-6078

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ