close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2021年12月1日

夏の感染症 流行状況(2011年)

(平成23年12月26日更新)

手足口病、ヘルパンギーナの流行は終息しました。咽頭結膜熱(プール熱)は大きな流行もなく、低い発生レベルのまま推移しました。

2011年の流行状況 2011年第50週(12月12日から12月18日)現在

手足口病

今シーズンは全国的に大流行し、県内でも過去20年で最大の流行規模となりました。例年、4月から9月にかけて、流行地域を移動しながら3~4カ月間流行しますが、今シーズンは6月、7月の2ヶ月間で県内全域がほぼ同時に流行し、大きな流行となりました。7月上旬の第27週に定点当たり31.0人と流行のピークを迎え、昨年のピーク時(第20週 10.2人)の約3倍に達しました。8月に一旦減少しましたが、9月以降は中予、八幡浜地区、宇和島地区、四国中央地区と地域が入れ替わりながら流行し、12月までだらだらと患者発生が続きました。

第1週から第50週までの保健所別の定点当たり累積報告数は、宇和島地区228.3人、松山市208.6人、松山地区203.3人、八幡浜地区198.8人、四国中央地区194人、西条地区145.8人、今治地区140.8人となり、中南予で大きな流行となりました。

手足口病と診断された患者から検出された病原体は、5月から7月はコクサッキーウイルスA6型(CA6)が10件、8月から10月はCA16が5件検出されており、6月から7月にかけての大流行時の主な病因はCA6でしたが、8月以降はCA16に代わり流行が続いたと考えられます。医療機関からの情報では、7月までは典型的な手足口病の症状と比べて発疹や口内炎がひどく、高熱が出る例が多かったものの、8月以降は症状が軽くなり、通常の手足口病の症状を示す例に変わってきた、とのコメントが多く寄せられました。

手足口病は、通常CA16、エンテロウイルス71型(EV71)、CA10などのエンテロウイルスが主原因となり、これらのウイルスが毎年入れ替わりながら流行します。CA6は、通常ヘルパンギーナの起因病原体として知られており、手足口病患者から検出されることもありますが、今年のように手足口病の主原因となることは初めてです。

図 手足口病の週別発生動向(過去5年間との比較)

図 手足口病の保健所別発生動向

[ページトップへ]

ヘルパンギーナ

今シーズンは6月から7月にかけての第1ピークと、9月を中心とした第2ピークの2回流行ピークがみられ、例年より流行時期が長く続きました。

県全体では、第27週(7月上旬)に定点当たり5.5人と流行のピークに達しました。また、第1週から第50週までの保健所別の定点当たり累積報告数は、松山市73.2人、今治地区57人、松山地区39.3人、八幡浜地区38.5人、宇和島地区34.5人、四国中央地区32.3人、西条地区31.5人となりました。宇和島地区では第2ピークにあたる増加はみられませんでしたが、他の地区では第1、第2ピークともに報告数が増加し、県内全域がほぼ同様の推移を示しました。

図 ヘルパンギーナの週別発生動向(過去5年間との比較)

図 ヘルパンギーナの保健所別発生動向

[ページトップへ]

咽頭結膜熱(プール熱)

今シーズンは、県内各地で散発的な発生が続き、大きな流行は発生しませんでした。

県全体では、第30週(7月下旬)に定点当たり0.9人と最高値となりましたが、発生レベルの低い状態で推移しました。また、第1週から第50週までの保健所別の定点当たり累積報告数は、松山市32.4人、今治地区20.4人、松山地区16.8人、西条地区9.3人、八幡浜地区9.3人ですが、四国中央地区3人、宇和島地区1.8人は少数例の発生にとどまりました。

図 咽頭結膜熱の週別発生動向(過去5年間との比較)

図 咽頭結膜熱の保健所別発生動向

[ページトップへ]

<参考>咽頭結膜熱、手足口病、ヘルパンギーナに関するホームページ

[一つ前に戻る]

[感染症情報センターに戻る]

お問い合わせ

保健福祉部衛生環境研究所

〒791-0211 東温市見奈良1545番地4

電話番号:089-948-9678

ファックス番号:089-948-9677

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ